search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ビル・ワイマン、今更ストーンズ関係なし!!

ビル・ワイマン、今更ストーンズ関係なし!!

 ビル・ワイマンにとって、先月リマスターされた「ローリング・ストーンズ」のアルバム『メインストリートのならず者』が、ストーンズにいた頃の“奇妙な時間を過した頃”の“最悪な記憶”を思い出させると語った。
 1992年にストーンズを脱退して、その後結成した自身のバンド「リズム・キングス」としてツアー中のビルは、「ローリング・ストーンズ」が1972年にこのアルバムのオリジナル版を発表した当時は“奇想天外”なことが起こった時期だったと語った。
 ビルはBANGショービズの取材に対し、「このアルバムの再リリースは最悪な記憶を思い出させるよ。当時は本当に風変わりなことをしていた時期で、レコードの作り方だって無茶苦茶だった」「あのアルバムは素晴らしいものだったから、その当時を知らない今の人たちにとって再販はいいことだな」

 全29曲収録のこのアルバムは、先月にユニバーサル・レコードから再リリースされた際に、全英アルバムチャート1位、全米ではビルボードチャート200で2位を獲得した。
 一方で、巷では「ローリング・ストーンズ」が来年ツアーを行うという噂が広まっている中、ただビルはまったく気にしないそうだ。ロンドンのアルチチュード・バーで行われたサムスン社のギャラクシーS発売イベントに出席したビルは「気にしないよ! 向こうはやるかもしれないし、やらないかもしれない。自分には関係ないね」「俺は(ドラムの)チャーリーとは仲がいいんだけど、とりあえず、あいつはツアーに行きたいと思ったことは一度もないんだぜ! あいつは1965年から行きたくないのに、まだ続けているんだよ!」

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ