search
とじる
トップ > 社会 > 東京都の公立小学校副校長が教育実習生に“生脱ぎパンスト”をおねだり

東京都の公立小学校副校長が教育実習生に“生脱ぎパンスト”をおねだり

 東京都教育委員会は10月16日、教育実習生だった女子学生から、使用済みのパンティストッキングを購入したなどとして、多摩地区の公立小学校の男性副校長(57)を、停職6カ月の懲戒処分にした。都教委が「セクハラにあたる」と判断した。副校長は同日付で退職した。

 都教委によると、副校長は昨年10月7日夜、同年5月に教育実習に来ていた20代の女子学生を居酒屋に呼び出し、「口は堅い方か」と前置きした上で、「ボランティアをしてほしい。知り合いの老人に頼まれた」と切り出し、履いていたストッキングを売るように頼んだ。

 いったん、女子学生は断ったが、「コンビニで買えばいいじゃないか」などと言って押し切り、トイレで脱いだストッキングを受け取り、現金5000円を渡した。その後、コンビニで新しいストッキングを買わせた。

 さらに、副校長は同月10日夜には、カラオケ店に呼び出し、「退職後はマッサージ師になりたい」などと言って、女子学生に断られたのに、右手で左肩や首をもんだり、左腕を触ったりした。その際にも、再度ストッキングを売るよう頼んだが、断られた。

 女子学生の実習期間は終わっていたが、「プールの授業を手伝ってもらったバイト代の明細を渡し忘れた」「相談にのりたい」などと言葉巧みに誘い出していた。

 女子学生が所属する大学に「セクハラではないか」と相談。今年1月、大学を通じて小学校長に連絡があり発覚した。

 都教委の調査に対して、副校長は「個人的に親交を深めたいという気持ちがあった。教員志望の若い子なので、アドバイスができればと思った」と弁明しているという。ストッキングを購入することがアドバイスになるとはとても思えないが…。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ