search
とじる
トップ > トレンド > ニューヨークレポート やっぱりアメリカのコーヒーの水準は低い

ニューヨークレポート やっぱりアメリカのコーヒーの水準は低い

 知人のNYタイムズのフードライターが「スターバクス(Starbucks)のコーヒーは高いよ!」と数年前に言っていた。現在スモールサイズが1ドル75セントで、円高なので150円足らず。いつも高いレストランでグルメ三昧をしている彼が高い、と言っていたのが、今では3ドルのコーヒーまである。日本では自分でドリップして飲むので外でコーヒーを飲む事はめったにないが、NYでは必要な用具がないのでこの際、あちこちで飲み比べをしてみようと思い立った。

 マグドナルドは1ドル以下(スモール)、ダンキンドーナッツは1ドルちょっと。この2つだけを比べればマックの方が上。スタバの1ドル75はすでに高くなくなっているのだ。

 バリスタという、コーヒーのソムリエみたいな人がいるという触れ込みのチェルシー地区の外れのコーヒーショップではガテマランが3ドルした。これは美味しいに違いないと思ったが外れ。日本でブルーマウンテンを飲む筆者が、それに近い味、と言ったらこれを推薦されたのだが期待外れだった。

 デリという小さなスーパーのようなところで1ドル程度で買えるコーヒーも大体まずい。中には飲めた代物ではない、という薄い物まである。途中からどこが美味しいか、ではなく、どこが一番まずくないか、というコンテストに変わってしまった。

 忌々しかったのは、ジャンクション・ブルバードというヒスパニック系住民しかいないようなクイーンズの駅に間違って降りた時に入ったメキシコ料理店。
 タコスも不味かったが、こんな場末でコロナビールが5ドルもするのもひどいが(マンハッタンとほぼ同じ料金)、それよりも2ドルのコーヒーの不味い事と言ったらなかった。英語も通じず、TVがスペイン語放送なので英語放送にしてくれないか、と頼んだらスペイン語のアクション映画に切り替えられてしまった。

 結局滞在先の近所の中国系コーヒーショップの90セントのコーヒーが一番不味くない事がわかり、もっぱらそこを利用している。もちろんスタバのようにインターネットは使えないし、愛想も良くない。

 「セーフ・ベット(安全な賭け)」としてはやはりスターバクスに軍配が上がる。トイレも使えるし、待ち合わせにも便利。インターネットも使える。

 ニューヨークで美味しいコーヒーを飲もうなどという甘い考えは捨てた方がいいようだ。(セリー真坂)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ