search
とじる
トップ > 芸能ニュース > “沖縄のスイカップ”竹中知華アナに続け! 琉球朝日放送の巨乳・比嘉鈴代アナ

“沖縄のスイカップ”竹中知華アナに続け! 琉球朝日放送の巨乳・比嘉鈴代アナ

 沖縄女子アナ界の巨乳といえば、なんといっても、「巨乳すぎて放送事故寸前」とネット上で騒然となったNHK沖縄の契約キャスターである竹中知華アナ(30)だ。

 元NHK山形放送局の古瀬絵理アナ(現フリー)に引けを取らない竹中アナのバストは、推定Hカップ。まさしく、“沖縄のスイカップ”の称号を得た竹中アナは、胸元がはち切れんばかりの服装で、視聴者を悩殺している。

 その竹中アナは実は沖縄とは縁がなく、広島県出身。その一方、純沖縄産で、「竹中アナに続け」とばかりに、沖縄県民の多大な注目を集めているのが、テレビ朝日系列局の琉球朝日放送(QAB)の比嘉鈴代アナだ。

 比嘉アナは77年6月9日生まれで、35歳。少々、お年は召しているが、見た目年齢はかなり若く、かつ熟女の色香を漂わせている。趣味はダイビング、民謡酒場で盛り上がること、市場で魚を見ることだという。

 地元・沖縄県のうるま市(旧具志川市)出身で、大学卒業後の01年には沖縄の大手ビールメーカーであるオリオンビールで、キャンペーンガールを務めていた経験もある。

 02年に琉球朝日放送に入社。沖縄県の地上デジタル放送推進大使QAB代表も務めた。現在は「ニュースQプラス」(月〜金曜日午後6時25分〜7時)でMCとして活躍中。同局ではテレ朝の「スーパーJチャンネル」が午後4時53分から放送されており、午後6時25分から沖縄ローカル版である同番組がオンエアされている。

 自称巨乳評論家のA氏は、「推定EからFカップぐらいありそうですね。年齢は竹中アナより上ですが、ルックス的にはなかなかの美形。中央進出はないでしょうが、沖縄で男性視聴者の目を楽しませてほしいですね」と語る。

 沖縄でないと、見ることができない比嘉アナですが、沖縄に行かれることがあれば、ぜひチェックしてください。
(坂本太郎)

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ