search
とじる
トップ > 芸能ニュース > TOKIO山口契約解除の裏側 GW最終日の夜に発表したワケは

TOKIO山口契約解除の裏側 GW最終日の夜に発表したワケは

pic pic

画像はイメージです

 未成年女性に対する強制わいせつ容疑で、無期限謹慎処分が発表されていたTOKIOの山口達也の契約解除が発表された。5月6日夜にジャニーズ事務所からマスコミ各社へFAXで通達されたもので、本人からの申し出を受けて、ジャニー喜多川社長とリーダーの城島茂が話し合い、辞表を受理する形で、契約解除に至った。

 時系列を整理すると、4月25日に速報が報じられ翌26日に山口が会見。5月2日はメンバー4人が出席した会見が行われた。なぜ、ゴールデンウイーク最終日の夜の発表になったのだろう。

 「まず、この時間の発表は新聞報道を意識したものだといえるでしょう。夜の発表となれば、独自取材はできず、速報をそのままフラッシュニュースとして載せるしかありません。また、翌日のテレビ番組のワイドショーにおいても十分な素材を用意できるタイミングではありません。いわば背景に関して余計な憶測を書き立てられることなく、ジャニーズ事務所の意向通りに事実のみが発表されるにとどまるのです」(業界関係者)

 さらに、その先に意識しているのは週刊誌の締切であろう。

 「今もっとも取材力がある『週刊文春』(文藝春秋)と『週刊新潮』(新潮社)の締切は、通常火曜の夜中です。(※特例あり)ジャニーズ事務所にとって、最も避けたいのは、記者会見以上の余罪、事実が報じられることでしょう。自ら契約解除を発表し身を引くことで、先手を打った可能性も考えられます。いずれにせよ、記事は差し替えとなるでしょうから、編集部は混乱しているのではないでしょうか。発表のタイミングとしては、とても理にかなったものだといえます」(前出・同)

 もとより4月25日の第一報も、週刊誌の合併号がすべて出そろったタイミングを狙ったものといわれる。ジャニーズ事務所と、マスコミの水面下の攻防戦はこれからも続いていきそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ