search
とじる
トップ > トレンド > 噂の深層 あの事件以降もチノパンがマスコミに追われない理由

噂の深層 あの事件以降もチノパンがマスコミに追われない理由

 今から1年半ほど前、静岡県沼津市内のホテル駐車場で人身事故を起こし、相手の男性を死亡させてしまった元フジテレビアナウンサーのチノパンこと千野志麻。

 有名人が関与した事件にも関わらず、書類送検されて罰金100万円を払うだけという結末には、ネット上でも今だ疑問と批判の声が鳴り止まない。

 もっともこの事件に甘いのは警察だけでなくマスコミも同様だ。事件発生当時こそ、マスコミ各社は有名人の千野を追い掛け回したが、2か月も経つとその追求はピタリと止んでしまった。

 「ASKAには喜んで飛びつくマスコミも、この事件にだけは及び腰になってしまった。その裏には千野の夫の類まれなる人脈があったとされる」(フリーライター)

 夫であるA氏は、総理大臣も務めた福田赳夫の孫にして外資系企業に勤める超エリート社員だ。

 「ただのボンボンではなく経済界を中心に幅広い人脈を持ち、マスコミ各社の上層部にも知人が多いという。特に、出版界最大手の一角を占めるB社の若手社長とはかなり親密なようで、B社は2誌の強力な週刊誌を持っているが、社内では“チノパンのあのネタはNG”が社長命令だそうだ」(同)

 御曹司なだけでなく人望も厚い夫を持ったチノパン。男を見る目だけは確かだった!?(明大昭平)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ