search
とじる
トップ > その他 > 多摩川競艇ウェイキーカップ コンパニオンがナイガイ来訪

多摩川競艇ウェイキーカップ コンパニオンがナイガイ来訪

 あっぱれ!タマガワ劇場。19日から24日までの6日間にわたり多摩川競艇場で開催される「G1ウェイキーカップ『開設53周年記念競走』」の関係者、コンパニオン(葵ゆりか(左)朝倉あや(右)と村田修次選手)=写真=が13日、開催PRのため本社(東京・中央区)を訪れた。
 多摩川競艇・青梅市事業部の長澤通管理課長は「今回の目標は昨年を大幅に上回る65億円。それだけに私たちもプレッシャーを感じています。その実現のため、たくさんのファンサービス、イベントを用意しています。濱野谷憲吾、中野次郎両選手のトークショー・サイン会はその目玉です。ぜひ競艇場までお越しください」と抱負を語れば、同行した村田修次選手も「コンディションもよく、現在は最高の状態です。レースではベストを尽くしますので、迷うことなく私から買ってください(笑)」と力強くアピールした。
 開催中はオリジナルクオカードや入場優待券が当たるラッキーカードを先着順で配布するほか、豪華賞品が当たる優勝者当てクイズも実施される。
 なお、全国17の競艇場のほか、21の専用場外(ボートピアなど)で発売される。

関連記事


その他→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

その他→

もっと見る→

注目タグ