search
とじる
トップ > 芸能ニュース > AKB48の田名部生来が靭帯断裂で全治1か月もムーサイベントには出演へ

AKB48の田名部生来が靭帯断裂で全治1か月もムーサイベントには出演へ

 AKB48の田名部生来が27日、自身のブログを「悲報」とのタイトルで更新。「右足首を捻挫してしまいました。靭帯断裂とのことです。しばらく踊れないようです」と怪我をしたことを発表。お酒が大好きで有名な田名部だが、ブログで「お酒はしばらく控えます」と禁酒宣言もしている。

 リアルライブの取材によると田名部は、「先週出演していた舞台の殺陣の稽古中にグキっといってしまいまして…ヤバいなって思ったんですけど、その場で飛んだりしてゴマカしていました。湿布とか貼って本番を2公演終わらせて」と怪我を負った時の状況を説明。当初はあまり、真剣にはとらえていなかったが、「たまたまその後もダンスのフリ入れや撮影が続いていて、そのうちに眠れないくらい痛くなって、トレーナーさんに見てもらって…」と事態の深刻さに気付いていったという。ちなみに、「あぁいう時のトレーナーさんって“天使”に見えたりしますよね」と今回の怪我で人の優しさも感じたようだ。

 その後、病院へ行くと、靭帯が断裂していることがわかり、完治に掛かる時間は基本1か月と診断されたという。ただ、テーピングは2週間くらいで取れるとのことで、12月13日に開催される『「12月6日はMousa+Mousaの日」〜はじめまして小嶋乃愛です。〜』には予定通り出演するという。

 最後に田名部はファンへ「元気な私の姿を見せられるようにガンバって治します!!」とコメントした。

■「12月6日はMousa+Mousaの日」〜はじめまして小嶋乃愛です。〜
只今、チケットキャンセル待ちにて受付中
http://www.mousa-net.com/

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ