search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 倖田梨紗逮捕で狙われる芸能界薬物ルート

倖田梨紗逮捕で狙われる芸能界薬物ルート

 関東信越厚生局麻薬取締部は8日までに、大麻取締法違反(所持)と覚せい剤取締法違反で、元AV女優・倖田梨紗=本名・菊地有紗被告(22)=を逮捕、起訴、交際相手でプロテニスプレーヤーの宮尾祥慈容疑者(27)も大麻取締法違反で逮捕した。今後、捜査の進展次第では大物芸能人が芋づる式に逮捕され、芸能界の“薬物汚染ルート”が一網打尽にされる可能性もあるという。

 宮尾容疑者は10月15日、交際相手の菊地被告が住む東京都港区高輪のマンションで乾燥大麻約0.7グラムを隠し持っていた疑い。同麻薬取締部(以下麻取)が同日、マンションを家宅捜索。大麻と覚せい剤が見つかり、大麻取締法と覚せい剤取締法違反で菊地被告を現行犯逮捕した。菊地被告が「大麻は宮尾容疑者と一緒に吸うためのものだった」と供述したことから、11月5日に宮尾容疑者に出頭を求め、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕。宮尾容疑者は容疑を認めているという。2人は昨年5月に、クラブのイベントで知り合い、今年の9月ごろから交際開始。菊地被告のマンションで半同棲の状態だったというが、2人の逮捕は芸能界、特にジャニーズ事務所の所属タレントに衝撃を与えたようだ。
 「菊地被告は2月にAVを引退後、都内の高級クラブに勤務。AV時代はKAT-TUNの田中聖、TOKIOの長瀬智也との交際を一部で報じられましたが、覚せい剤はかなり前から服用していたようで、田中と長瀬が疑われても仕方ない。クラブ勤めの時代には、何人かの大物芸能人が常連客だったようだ」(芸能プロダクション関係者)
 一方、宮尾容疑者もジャニーズタレントとの親交がかなり深かったという。
 「宮尾容疑者はジャニーズタレントが多い堀越高校出身の縁で、KAT-TUNの赤西仁のグループと仲がよく、NEWSの山下智久、錦戸亮、俳優の城田優とつるんで夜な夜な都内のクラブで遊び回っていた。高校時代から将来を嘱望され、早大進学後はプロに転向したが、派手な交友関係からも分かるように、練習に身が入らなかったのか、日本ランキング23位と振るわなかった」(テニス協会関係者)
 逮捕を受けたタレント側の対応は早く、「ジャニーズは、ヤメ検の顧問弁護士を通じ、『うちのタレントは関係ない』と麻取に圧力をかけたようだ」(社会部記者)。また、城田は宮尾容疑者との2ショット写真を掲載した昨年5月19日のブログを削除している。
 「麻取は菊地被告と宮尾容疑者のメールや手帳から交友関係を徹底的に洗っている。しかも、今回は積極的にマスコミ各社にリークし、マスコミの取材による新情報が出るのも利用し、“外堀”をしっかり埋める戦法」(同)
 しばらく眠れぬ日々を過ごす芸能人が多そうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ