search
とじる
トップ > スポーツ > IGF 高橋義生がフルマラソン効果で必勝宣言

IGF 高橋義生がフルマラソン効果で必勝宣言

 12・20IGF有明コロシアム大会に参戦する人喰い義生(よしき)が14日、都内のジムで練習を公開した。自身を追い込むため、フルマラソンに挑戦したことを告白。完走し、手応えをつかんだ義生は必勝を宣言した。
 この日、“世界のTK”高阪剛を相手に、3分2Rのスパーリングを行った義生は、腕ひしぎ十字でタップを奪うなど鋭い動きを見せた=写真。対戦相手は未定だが「モチベーションは下がっていない」とキッパリ。さらに「相手は誰でもOKです」と気合をみなぎらせていた。

 それもそのはず。義生は、自らの奮起を促すべく現地時間9日のホノルルマラソンに参加していた。途中から豪雨に見舞われて足が水ぶくれになり、足裏の皮がズルむけた。過酷なフルマラソンを完走した自信を得た。「アレより辛いことはないので乗り越えたから大丈夫ですね」とし、「ゲノムも勝つことができる」と必勝を誓う。
 「藤原(喜明)さんに恥をかかせるような試合はしたくない」。覚醒した人喰い義生は、師匠の藤原組長に勝利をプレゼントするハラだ。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ