search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ノブコブ徳井「いつ刺してやろうかと…」相方・吉村との不仲明かす 現在のコンビ仲に東野も「なんで?」

ノブコブ徳井「いつ刺してやろうかと…」相方・吉村との不仲明かす 現在のコンビ仲に東野も「なんで?」

pic pic

平成ノブシコブシ・徳井健太、東野幸治

 平成ノブシコブシの徳井健太が2月28日、都内で行われた自著『敗北からの芸人論』(新潮社)刊行記念トークイベントに出席した。

 >>全ての画像を見る<<

 芸人やバラエティ番組を的確に「考察」することで知られる徳井が「負けを味わった奴だけが売れる」をテーマに、千鳥、オードリー、かまいたちなど、どん底から這い上がった21組の生き様を熱く綴る本著。イベントには徳井が「ヒーロー」と尊敬する東野幸治も駆けつけ、本著に登場する芸人たちのエピソードを紹介し合った。

 徳井は本著について、「当初は乗り気でなかった」と言い、タイトルの『敗北からの芸人論』についても、出版社の付けたタイトルに不満があったとのこと。感想を聞かれると「もめました。新潮社さん的には売り上げを伸ばしたい。だからこのタイトルなのかって」と述べ、その上で「売れるか売れないかって大事。芸人もそうなんです。どんなに面白くても売れないと意味がない」と考え、今回のタイトルを受け入れたという。

 また、本著ではノブコブのコンビ仲についても言及している。徳井は東野から相方の吉村崇について改めて聞かれると、「15年目まではいつ刺してやろうかって思っていました」と過去の思いを打ち明ける。「(吉村から)『ボケもツッコミもトークもできねえならお前何できんだよ』『お前の大喜利で笑った奴は誰もいねえぞ』とかって言われて……」と吉村のダメ出しのきつさがその理由だったとのこと。

 徳井は「最近の若手とかはコンビ仲がいいから、お客さんもそういう仲の良い人を求める風潮があって」とコンビの不仲は、今は興行の上でもマイナスイメージにしかならないと思い、その後改心したという。今は「兄弟」のように感じているとも言い、「自分は妹しかいないのでわからないけど、周囲の男兄弟で仲がいいのをあんまり見たことがないんです。基本、仲が悪いけど、葬式の時くらい一緒に顔を突き合わせて酒を飲むとか。そういう意味で行くと、ウチらもそうだなって」と吉村と距離感を自分なりに消化できるようになったとのこと。

 本著はまだ吉村に渡していないとも述べ、東野から「なんで?」と尋ねられると、「(吉村については)家も知らないし、月一くらい会うくらいなので。行っても盗聴器でも仕掛けに来たのかと思われる」と苦笑いでコメント。ただ、吉村はすでにネットに出した内容のものは読んでくれたと言い、「(コンビについて書いた部分で)最後、『吉村ありがとう』って書いたんですけど、吉村はそれ読んで『こいつまだ自分を殺そうってしてる』って思ったみたいです」と吉村の反応を紹介。「ナイフ持ちながらありがとうって言ってる感じがしたんでしょうね」と笑顔で話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ