search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「うれしいけど、恥ずかしい」広瀬すずがチャーミングなドラミちゃんに! ソフトバンクCM人気シリーズ最新作出演、役作りの苦労明かす

「うれしいけど、恥ずかしい」広瀬すずがチャーミングなドラミちゃんに! ソフトバンクCM人気シリーズ最新作出演、役作りの苦労明かす

pic pic

⒞Fujiko-Pro

 女優の広瀬すずが、25日より全国で放映開始される『SoftBank 5G』と『ドラえもん』がコラボレーションしたCMシリーズの最新作に出演する。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 同CMは、ハリウッド俳優のブルース・ウィリスがドラえもん役を演じ、5G通信を活用したテクノロジーを、ドラえもんのひみつ道具になぞらえて表現する人気シリーズの最新作。今回、上戸彩をはじめお馴染みの白戸家はもちろん、堺雅人演じる未来ののび太に加え、新たに広瀬演じるドラミが初登場する。黄色いボディに赤いリボン、お花のしっぽ、チェック柄の四次元ポケットなど、ドラミのトレードマークを再現したチャーミングな姿の広瀬に注目だ。

 撮影では、ドラミを演じることについて「ドラミちゃん自体がかわい過ぎるので、うれしいけど、恥ずかしい気持ちもあります」と話していた広瀬。本番では、監督の「もうちょっと早口」、「笑顔を大きめに」などの指示にも的確に応え、現場を盛り上げる場面も見られた。

 ドラミを演じた感想を聞かれると広瀬は、「ドラミちゃんってずっと出てくるというよりは、瞬間的に出てくるイメージの方が強かったので、実はあまり詳しく知らなかったんです。最初は不安で、現場で監督に聞いたり、動画を見たりしながら、どうやって演じればいいんだろうって、今まで演じた役の中で一番思いました」とコメント。また、使ってみたい『ひみつ道具』には、「『どこでもドア』です。遠いロケ地も多く、現場に2時間かけて行って、そこからまた1時間かけて移動して、3時間かけて帰ってくるみたいなことが何カ月も続くと、『どこでもドア欲しい!』ってなります」と語った。

 また、6月19日に誕生日を迎え、どのような1年にしたいかを聞かれると「『ルールを決めたら最後まで守る年』にしたいです。10代の時は、達成するまでやっていて、決めたことができないとモヤモヤして嫌だったんです。それが、20歳を超えたあたりから、全然守れなくなってきたというか、甘えてしまう部分が多いなと私生活で感じることが増えてきて。三日坊主にもならないぐらい続かないので、『最後までちゃんと守る』『ルールを守る』ということを頑張りたいです」と抱負を語っていた。

 同CMは、24日の10時よりソフトバンクの公式YouTubeチャンネルにて公開予定。

ソフトバンフ公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/SoftBank/

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ