search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(2月14日)共同通信杯(GIII)他1鞍

ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(2月14日)共同通信杯(GIII)他1鞍

【先週の結果】
先週の的中は以下の通り。
・中京11Rが▲→◎→△で決まり、3連複670円。

【今週の予想】
☆東京2R 3歳新馬(ダート1400m)
 スラップショットのデビュー勝ちを狙う。本馬は非常にバネがあり伸びのある走りをしており、素質の高さをうかがわせる。入厩後は馬なり中心であるが、入念に乗り込まれておりしっかりと仕上がった。跳びの大きい走りで、直線の長い東京競馬場はベストと言える舞台だろう。ここは頭から勝負したい。

◎スラップショット
〇エストラテーガ
▲ミラーウォーカーズ
△₁ネオヒューズ
△₂アタカヒール
△₃エスジープリンセス

買い目
【馬単】5点
◎→〇▲△₁△₂△₃
【3連複1頭軸流し】10点
◎-〇▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】12点
◎→〇▲△₁→〇▲△₁△₂△₃

☆東京11R 共同通信杯(GIII)(芝1800m)
 ゴールドシップ、ディープブリランテ、イスラボニータにドゥラメンテ、ディーマジェスティなど、過去10年の出走馬だけ見てもクラシックの勝ち馬が多く、近年クラシック戦線に直結するといわれている共同通信杯。今年も魅力的な若駒が多数出走を予定している。実績の中心はサウジアラビアRC(GIII)を勝ち、前走の朝日杯FS(GI)で2着に入ったステラヴェローチェだろう。その朝日杯では上位を先行勢が占める中、10番手あたりから追い込んで勝ち馬に3/4馬身差の2着と負けて強しの内容。今回は初の1800m戦ではあるものの、実績のある東京競馬場に加え、デビューから3戦異なる馬場状態に対応しており、軸にするにはもってこいの本馬だろうが、今回は対抗に留める。白羽の矢を立てたのはクイーンCを除外となり、こちらに回ってきたレフトゥバーズ。何と言っても本馬の魅力は切れ。デビュー戦で見せた切れは本物で、道中は中団よりやや後方の位置にいたが、直線で軽く仕掛けられるとあっという間に加速し先頭に立つと、その後は流して2着馬に0秒6差を付ける圧巻の走り。正味1ハロンの競馬でこれだけのパフォーマンスができるのだからポテンシャルは相当なものだろう。今回はグッとメンバーが強くなるが、陣営に自信があるからこそいきなりの重賞挑戦と見る。だからこそ牝馬限定重賞を除外となっても牡馬の強いところに挑戦してくるのだろう。馬券的妙味もあり、ここは一発を狙いたい。まとめて負かすなら2戦2勝と魅力たっぷりなエフフォーリア。以下、シャフリヤール、ディオスバリエンテまで。

◎(8)レフトゥバーズ
〇(3)ステラヴェローチェ
▲(7)エフフォーリア
△(11)シャフリヤール
△(1)ディオスバリエンテ

買い目
【馬単】5点
(8)→(3)(7)(11)
(3)(7)→(8)
【3連複2頭軸流し】3点
(3)(8)-(1)(7)(11)
【3連単フォーメーション】12点
(8)→(3)(7)→(1)(3)(7)(11)
(3)(7)→(8)→(1)(3)(7)(11)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~」も担当している。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ