search
とじる
トップ > スポーツ > RIZINが3.14東京ドームに進出!榊原CEO「みなさんの後押しで今なら埋められる」

RIZINが3.14東京ドームに進出!榊原CEO「みなさんの後押しで今なら埋められる」

pic pic

RIZIN榊原CEO

 総合格闘技イベントRIZINがついに東京ドーム進出を果たす。3.14東京ドーム大会の開催を発表した。

 榊原信行CEOは「誤解のないように言いますと、3月14日の東京ドームで、武尊選手と(那須川)天心選手がやるということではないですので。それは誤解のないように」と前置きした。

 東京ドーム進出の動機について、榊原CEOはこう語った。
 
 「RIZINとしてはRIZINのオリジナルストーリーの中で、2021年の最初のサプライズとして東京ドームに進出したいというふうに思っております。大きな理由は、大みそかのさいたまスーパーアリーナで50%の観客の人たち、ほぼ50%、9978人の方々に今日ご来場いただいて、超満員札止め。本当にチケットがないという状態、それも今日この場で当日券を売ってなくなったのではなくて、一斉発売時にチケットがないんですね。だからもっとたくさんの人たちに、もっと適正料金で見てもらうことが(目的で)、本当に今回心苦しかったんですけど、過去のSRS席を3万円から5万円に上げさせていただいたんですね。5万円って本当に大きなお金だと思いますんで、もっと本当に価格を下げたいです」

 「でもこのクオリティを維持して、今まで2万人が入ってつくり上げていたものをクオリティを崩さずに、選手のファイトマネーも今回半分しか入んないんで、お前さんたちのファイトマネーを『選手みんなも半分でいいの』と言いたくないですし、だから本当に自分たちがこの中でサバイブしていくためには、あえて東京ドームに進出して(いきたい)。まあ5万人入りますから、半分だったら2万5千人は入れられる。そういうチャレンジに自分たちが生きていく一つの手段としても打って出るべきだと思いましたし…」

 「東京ドームさんともいろんな形でお話しする中で、3月14日(に開催するべく)調整をしていただけて、我々を迎え入れてくれるという、英断をいただいた。すでに緊急事態宣言的なワードも躍ってますけども、いずれにしてもそれを怖がって何か今からアクションを起こさなければ、数が減ってやれるからと言って準備して始めた頃にはまた数が増えるという。このコロナと向き合う中で感じているのは、8月からどちらかというとコロナのことも正しく恐れながら、11月も12月も先行して大会の準備をしたことが今のところ、吉と出てるんですね。なので3月もやると決めて、その中でコロナがどう収束したり落ち着いてるのか、ひょっとしたら緊急事態宣言でまた5000人しか入れられないとか。東京ドームで5000人なんてどう考えても採算合わないですけどね。でもちゃんとそこに旗を立てていきたい」

 榊原CEOはコロナ禍において、強い気持ちと覚悟を持って決断したと明らかにした。開催に向け、新型コロナの状況に応じて柔軟に準備を進めていくという。榊原CEOはこう続けた。

 「2021年のシーズンをスタートする年間スケジュール、東京オリンピックはどうなるんですかね?それもオリンピックがあるとかないとか、そこも早く決めていただかなくちゃいけんなと思いながら、それによってもこのさいたまスーパーアリーナ、東京オリンピックのバスケットボールの競技の会場になってるんで、なければそこが全部空いてくるんですね」

 「ただこれを、今例えば総理大臣なのか、経産省の大臣さんなのか分からないけど、国家レベルで誰かに判断しろと言ってももう無理だと思うので、いろんなケースを想定して、自分たちがきちんとサバイブしていくための年間スケジュール、3.14をスタートに2021年の大みそかまでの、今年の大みそかのシーズンピークにどう照準を合わせていくかっていうのは、スケジュールをしっかり立てていきたいなと。そういう中で、先んじてというか、もう2カ月半しかないので、しっかり準備していけたらなと思ってます」

 現時点で考えているドーム大会のプランについては、「大きな仕掛けってあんまりなんか、奇をてらったことは正直考えてないです。ただ海外の選手が来れる、来れないにもよりますけど、来れると仮定すると、例えば戦地から戻ってきた(トフィック・)ムサエフ選手。サトシ・ソウザのライト級のベルトをかけた闘いもできるでしょうし、ベラトールのスコット・コーカーとも話をして、ベラトールの(フアン・)アーチュレッタも準備できてますから。アーチュレッタが東京ドームに来て堀口とベルトをかけて戦うですとかね。いろいろ今のRIZINがこの5年間、自分たちで紡いできたドラマをさらに一歩進化させる、進めることで僕はドームをみなさんの後押しの中で今なら埋められる。まあ半分ですけど、そういう感覚を持ってます」。どうやら外国人選手の来日の可否によって、プランを変えていくようだ。

 格闘家にとって東京ドームは夢舞台。年明け早々、ドーム参戦に向けたアピールが全国、いや世界の格闘家から殺到するだろう。

(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ