search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「成長した姿を見てほしい」紅白初出場のSixTONES、芸能界の父・内村と楽曲提供YOSHIKIへの想い語る

「成長した姿を見てほしい」紅白初出場のSixTONES、芸能界の父・内村と楽曲提供YOSHIKIへの想い語る

pic pic

SixTONES(c)NHK

 29日、NHK『第71回紅白歌合戦』のリハーサルが行われ、SixTONESの6人が囲み取材に応じた。

 ​>>全ての写真を見る<<​​​

 2020年にデビュー、今年初出場となるSixTONES。リーダーの髙地優吾は、「僕は総合司会の内村(光良)さんの番組で芸能界入りしたので、芸能界の父・内村さんに、成長した姿を見てほしいと思います。番組の収録の際に、『次に会うのはNHKホールだな』と言ってもらえたので、しっかり期待に応えたいです」と、紅白への特別な想いを明かした。

 メンバーの松村北斗は「今、ドラマの現場で亀梨和也くんとご一緒しているのですが、今日来る前、『すごく名誉なことだから胸を張って行ってきなさい』という言葉をいただきました」、森本慎太郎は「僕は2009年、小学生の頃に『スノープリンス合唱団』というグループで紅白の舞台に立ったことがありますが、SixTONESとしてまた出られるのが嬉しいです。その頃を覚えていてくれる方がいたら嬉しいです」と、それぞれの紅白に関するエピソードを語った。

 田中樹は、「この大変な年の集大成を、みなさんの前でパフォーマンスして、多くの人の心にどう届くのか、緊張感がありつつも今からワクワクしています。一緒に出場するはずだったSnowManの分までパフォーマンスできたらと思います」、ジェシーは、「初出場ということで、本番がどうなるのか緊張もしていますが、まずは楽しめたらいいと思っています。いろいろな世代が見ていると思うので、そこでどう僕たちが輝けるのか、一人一人に注目してもらい、YOSHIKIさんに楽曲提供してもらった『ImitationRain』の歌詞とメロディー、パフォーマンスを見ていただけたらと思います」、京本大我は、「今回デビュー曲を作ってくれたYOSHIKIさんも紅白に出場するので、1年歌いこんだ、僕たちなりの『ImitationRain』をYOSHIKIさんに見てもらいたいです」と、意気込みを語った。

 今回披露する『ImitationRain』をプロデュースしたYOSHIKIも、紅白の特別ステージで登場。彼らの成長した姿に注目だ。『第71回紅白歌合戦』は31日19時30分より放送される。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ