search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「ネタのことを忘れて寝よう」『ロンハー』実は相方が回答ドッキリ、じゃない方芸人が名言連発

「ネタのことを忘れて寝よう」『ロンハー』実は相方が回答ドッキリ、じゃない方芸人が名言連発

pic pic

アンガールズ・田中卓志

 12月1日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、「実は相方が答えてました!芸人お悩み相談」がオンエアされた。芸人が悩み相談をするが、その回答者が相方であるもの。

 出演者はアンガールズ、さらば青春の光、三四郎、バイきんぐ、ハナコの5組。相談を向けるのはテレビで活躍している方で、回答者は相方に比べて露出の少ない「じゃない方芸人」という、ロンハーらしいヒネリの効いた企画だった。

 何も知らされずにスタジオに呼ばれた芸人たちに、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が「何も知らないのによく来られますね」と振ると、アンガールズの田中卓志が「そういうのが多すぎて慣れちゃった」という場面も。

 >>アンガ田中、特定の女性にプロポーズ中? 独身男性として女性タレントの部屋に鋭い目線<<

 そこで目立ったのが、「じゃない方芸人」たちの名言。ハナコでは、芸人ばかりでなく俳優としても活躍する岡部大が「コントとテレビのバランスの取り方」を相談すると、実質何もしていないポジションの菊田竜大は「一度コントを忘れてもいいと思う」と回答。さらに、「テレビに出てるってことは寝る時間がない。寝る時間がないってことはネタ考える時間がない。今はネタのことを忘れて寝ようよ」と何ともノンビリな回答も続けた。これには、アンタッチャブルのザキヤマこと山崎弘也からも「何も言い返せない」と突っ込まれていた。ネット上でも「菊田ヤバイな」「この手の回答ずっと聞いていたい」といった声が聞かれた。

 また、アンガールズ田中の「プライベートではクールな感じで行きたい」という悩みに相方の山根良顕は、偶然にも相方の例を出していた。山根いわく、田中は「事を真剣に考えすぎていて、本当に好きな人じゃないと、デートに行かない」といった固い考えを持っているようで、「男子校のモテない人みたいで入口のハードルがすごく高い」と回答。恋愛に関しては生真面目な田中のキャラクターを見事に言い当てていた。これには、ネット上で「やっぱり相方は見抜いているんだな」「これはコンビ愛が感じられるかも」といった声が聞かれた。それでも、有吉弘行から「ヨダレ垂らしてカニ(キャラ)やってろよ」、淳からは「抱く寸前までカニだよ」とツッコまれていた。

 このほか、さらば青春の光の東ブクロが「自分はゴールデンの顔じゃない。この時間(23時台)でも早い」と自分を下げまくったコメントをするなど、多くの名言が飛び出す放送となった。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ