search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 一番不安な番組は『ロンハー』宮下の告白に驚き、すゑひろがりず三島には新キャラ定着?

一番不安な番組は『ロンハー』宮下の告白に驚き、すゑひろがりず三島には新キャラ定着?

pic pic

すゑひろがりず・三島達矢

 11月17日の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、「アイツ語ってたよGP」の第二弾がオンエアされた。10代向けの青春番組だと聞かされて、真面目なインタビューに答えるが、実は「ロンハー」のドッキリであり、そのコメントが、スタジオでロンドンブーツ1号2号の田村淳に読み上げられてしまうものだ。

 ターゲットとなったのは、かまいたちの山内健司、ジャングルポケットの太田博久、品川庄司の品川祐、すゑひろがりずの三島達矢、宮下草薙の宮下兼史鷹の5人。

 山内は、相方の濱家隆一が前回のターゲットになっていたが、何も知らされていなかった。これには、アンタッチャブルのザキヤマこと山崎弘也が「信頼できる男ですね」と濱家の口の堅さを評価していた。

 勉強や部活の壁にぶつかった時にどうするかの質問に、三島は「壁をよく見極める」といった話を、「壁」の単語を頻発しながら語っていた。これは、ほかの芸人も同様であり、藤田ニコルからは「進撃の巨人かと思った」といったツッコミも。

 さらに、三島と「壁」と言えば、別の前振りもあり、以前コンビで出演時に相方の南條庄助から「女性を喜ばせる方法をネットで調べ、遠くから焦らすのが良いとあったので壁から舐めた」と暴露されている。

 三島は、ネット上ではエゴサーチを行っているようで、「自分の名前検索すると、三島スペース壁って出る」と困惑気味。ただ、藤田からは「でも、舐め始めたのは自分じゃないですか?」と身も蓋もないツッコミを浴びせられていた。このほか、品川からは「壁のバーター」といったフレーズも。三島の壁舐め体験は「20歳の時に1回だけ」というが、もはやこのキャラが定着しつつある。これには、ネット上で「壁でこれだけ面白いのはすごい」「この番組での壁イジり定着しそう」といった声が聞かれた。

 ​>>すゑひろがりず、本家から「雑すぎる」と批判されていた?『M-1』過去10年分を驚きの方法で勉強<<​​​

 宮下は「先が不安、眠れない時は?」の問いに、「一番不安な(番組は)ロンハー」と、まさかの告白。本人も「ロンハーのどっきりでロンハーの悪口言うとは」と驚いていた。ネット上では「これはマジの本音っぽそう」といった声が聞かれた。

 さらに今回も、相方の田村亮は今回もスタジオ外で見学。セット内に足が入ると、淳は「亮さん足が」とツッコミ。「俺はいいんだけど、視聴者が」と話しており、いまだに何かしらのクレームが来るようだ。 

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ