search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「聞いたこともないタレント」ホリエモン、爆問太田だけじゃない、ぜんじろうのお騒がせ遍歴

「聞いたこともないタレント」ホリエモン、爆問太田だけじゃない、ぜんじろうのお騒がせ遍歴

pic pic

堀江貴文氏

 ぜんじろうとホリエモンこと堀江貴文氏の間に、小さなバトルが勃発している。ぜんじろうは8月1日のツイッターで、堀江氏のロケットは経済産業省「宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業」の委託先として、税金が投入されているという記事に対して、「さすがホリエモンの"経営のセンス"ですね(笑)」とツイート。これに対し、堀江氏は「聞いたこともないタレントに誤解を元にディスられるというシュールな事例」とやり返した。

 ​>>ぜんじろう、木村花さんへの誹謗中傷に「番組側の責任」 政治家は「批判がてら、馬鹿にしたら良い」<<​​​

 このやりとりで思い出されるのが、爆笑問題の太田光との間に起こった「芸歴どちらが上か」論争だろう。最終的にラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)に、ぜんじろうがゲスト出演したが、ツイッターのような勢いはなく、ほんわかとしたトークになってしまった。ネットでは強気のぜんじろうが露呈したと言える。

 そんな、ぜんじろうがこれまでネット上で絡んできたのは、ホリエモンや太田ばかりではない。
 まず、ぜんじろうの宿敵と言えるのが、東国原英夫だろう。複数の女性との不倫関係が報じられ、アンジャッシュの渡部建に謝罪会見を求めた東国原英夫に対し、「さすが厳しい芸能界を生き抜いてこられた方のお言葉。でも僕には難しすぎて意味が分かりませんけど」と書き込んでいる。昨年の電気グルーヴのピエール瀧の逮捕の際も、『バイキング』(フジテレビ系)で石野卓球の態度を批判した東国原に、「正義面でこんなに叩いて商売してる番組を平気でやってるほうが“社会人として大丈夫なのか?”」と書き込んでいる。

 このほか、『24時間テレビ:愛は地球を救う』(日本テレビ系)について、今年の放送を行う社会的意義を日本テレビの小杉善信社長が会見で強調したことに触れ、「24時間テレビ用の〝スポンサーからのお金も日テレに届かなくなる〟ってのが、抜けてますよね(笑)」と皮肉った。

 ぜんじろうの芸風は、社会派ネタをイジるスタンダップコメディに影響を受けている故に、何か皮肉を言いたくなってしまうのかもしれないが、「何にでも噛み付く」キャラは物議を醸し出しそうだ。

記事内の引用について
ぜんじろうのツイッターより https://twitter.com/zenzenjiro
堀江貴文氏のツイッターより https://twitter.com/takapon_jp

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ