search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 4億円豪邸に住むバナナ設楽が目を付ける「第2の出川」

4億円豪邸に住むバナナ設楽が目を付ける「第2の出川」

pic pic

バナナマン・設楽統

 日村勇紀とバナナマンとして活動しながら、ピンのメインMCとして盤石の地位を築いた設楽統。フジテレビ系朝の情報生番組「ノンストップ!」の司会は8年を超え、番組改編期の打ち切りを免れ続けている。今年9月、昼の情報生番組「直撃LIVE グッディ!」がおよそ5年半の歴史に幕を下ろすと考えれば、「ノンストップ!」は大健闘。設楽は、「グッディ!」のベテランアナウンサー・安藤優子に激勝したといっても過言ではない。

 ​>>『YOUは何しに』バラエティNGの職人を“茶化して”物議?「悪意があった」と批判の声も<<​​​

 一部週刊誌によると、17年12月に都心のド真ん中に豪邸を落成。4億円近いとウワサされる地上3階、エレベーター付きの住処を35年ローンで手に入れたという。

 そんな覇者芸人が今春の改編期、新たにピンMCの番組「探シタラTV」(テレビ朝日系)をスタートさせた。さまざまなテーマに沿った人材を勝手にオーディションして、“探したら”どうなるかを、バラエティ純度100%でお届けする内容だ。深夜枠とあって予算が少ない代わりに、チャレンジできる。そのため、知名度や視聴率、タレントパワーや安定感を無視した無名芸人のラインナップが目立つ。

 これまでに出演したのはワタリ119、ザ・マミィの酒井尚、ペッパーボーイズ・石本しょーき、グリーンバンバン・野瀬翔大、きしたかの・高野正成、はなしょー・杵渕はな、いいね・いさやま。ワタリはどっきり番組の常連で、はなしょーは昨年の「女芸人No.1決定戦 THE W」の準優勝コンビ。それでも、顔と名前が一致しないというのが世間の見解だ。そんな中、次世代のポンコツスターとして番組最多の出演回数を誇っているのが、スタンダップコーギー・奥村うどんだ。

 マセキ芸能社所属の奥村は、出川哲朗、狩野英孝、三四郎・小宮浩信に続く“第4のポンコツ”。ジャンルとしては、天然系に該当する。かつてはANZEN漫才・みやぞん、現在はエイトブリッジ・別府ともひこがその市場を独占しているが、奥村はすでにバッターボックスに立っている状態といっていい。

 出川同様、奇跡的なかみ方をする。狩野同様、対話の論点がズレていくことに気づかない。小宮同様、しょっちゅうテンパる。期せずしてミラクルを起こす天才なのだ。

 番組最多出演という時点ですでに、奇跡を引き寄せている。“億円プレーヤー”設楽のお眼鏡にかなった奥村の希少キャラ。今年下半期にかけて期待大だ。

(伊藤由華)

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ