search
とじる
トップ > レジャー > 「荒れる夏競馬で、夢を買う。大網で一網打尽」 ラジオNIKKEI賞 藤川京子の今日この頃

「荒れる夏競馬で、夢を買う。大網で一網打尽」 ラジオNIKKEI賞 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 今回は、昨年に引き続き道悪馬場でのレースになりそうです。昨年の傾向は、休み明けの人気馬たちが尽く馬群に沈んでいきました。しかし、今回のメンバーを見渡す限りでは、それほど心配する必要は無さそうです。しかし、昨年は端を切った馬が4着ではありましたが、3着とは殆ど差が無かったので、今回はメンバー的に残れるかもしれないと考えています。

 そうなると、前残りするならバビットかもしれません。内枠にも入れたし、前で競馬をするスタイルを崩していません。持ち時計は微妙ですし、前々走でやっと未勝利クラスから抜け出したばかりですが、内枠とナカヤマフェスタ産駒というのが気になります。地方競馬では、ナカヤマフェスタ産駒も大活躍で、今回の道悪馬場が想定されるレースなら大チャンスだと思います。

 他の有力馬も前で競馬する馬も多いですが、特にパンサラッサは端を切る競馬が多いのですが、今回は外枠になってしまいました。着順成績は良いとは言えませんが、走って来たレベルが他のメンバーとは違うので、今回は勝ちに来ると思います。そこで、もう一度メンバーを見渡すと、前で競馬をする馬だらけだったのです。そうなると、最初のコーナーで大混雑しますから、少し危ないレースになりそうです。

 経験豊富なGIジョッキーが多いので大丈夫だと思いますが、バビットの団野騎手とベレヌスの西村騎手は初々しいので、最初のコーナーで大渋滞したら上手く対処出来るか心配です。そんな展開になりそうなレースを後ろで見ているのが、パラスアテナの武豊騎手とグレイトオーサーのD.レーン騎手、アールクインダムの吉田騎手、コンドゥクシオンの石川騎手だと想定しています。前がやり合ってくれれば、後ろから差すシナリオになりますが、内枠2番ディープキングの戸崎騎手が前でペースをコントロールして来ると、逆に後ろがつらくなるかもしれません。出走頭数が少ない事を考えれば、前と後ろの距離はそれほど離れない事も予想されます。

 ここは、展開と重馬場実績で網馬券を分けてすくいあげてみます。

 ワイドBOX 11、2、1、4
 ワイドBOX 9、8、6、10

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ