search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 武井壮、サッカー監督就任に大バッシング集まったワケ

武井壮、サッカー監督就任に大バッシング集まったワケ

pic pic

武井壮

 タレントの武井壮がサッカークラブの監督に就任したことが発表され、波紋を広げている。
 問題となっているのは、元サッカー日本代表の本田圭佑が今年1月14日に設立を発表したサッカークラブ「One Tokyo」。24日には都内で選手のトライアウトを実施し、幻冬舎で編集者の箕輪厚介氏が合格するなど話題を集めていたが、今月13日には初代監督として武井が就任することが発表に。武井はツイッターを通じ、「サッカー経験者ではありませんが、さまざまな能力を持ったメンバー達のサポートを活かしてチームにエネルギーと新たなビジョン、モチベーションを与えられる監督になりたいです」と意気込みを表明していた。

 武井といえば「百獣の王」として陸上・十種競技の元日本チャンピオンの経歴を持っていることもあり、本田や武井のファンからは「ワクワクするチームになりそう!」「サッカー未経験者なのにすごい!」といった期待の声が集まっている一方、「サッカー未経験者が現役の選手になに言うの?」「タレントが片手間にできるようなことじゃない」「結局話題づくりか…お飾り監督になりそう」といった批判的な声も聞かれている。

 この批判の原因のひとつとなっているのが、武井の好感度の低さだという。
 「武井といえば、SNSでの発言が頻繁に炎上していることでも有名。昨年11月には『究極の選択』として『①年収5000万けど飯は一生塩おにぎり、昆布とふりかけは付けてもいい②年収500万だけど飯はどの店も無料で食べ放題』という質問を募り、年収500万円を低いとする感覚がズレていると指摘されたり、7月にアメリカの番組パーソナリティのキム・カーダシアンが、自身の補正下着ブランド『Kimono』の名称を変更すると発表した際には『「文化の盗用だ」とか炎上してだけど、変更必要無いと思う。日本の製品なんて和製英語の商品ブランド山ほどあるじゃん』とツイートし、こちらも炎上していました。それ以外にもネットの炎上文化についてもたびたび言及し、すでに態度はSNSの御意見番といったところ。うっとうしがるネットユーザーも多くかなり好感度も低くなっていたことから、サッカーファン以外からもこの監督就任がバッシングの対象となってしまったそうです」(芸能ライター)

 果たして武井の監督就任は成功するのだろうか――。

記事内の引用について
武井壮公式ツイッターより https://twitter.com/sosotakei

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ