search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「イピス」「オブです」オードリー春日、謎の『春日語』が話題 若林がブチ切れたことも?

「イピス」「オブです」オードリー春日、謎の『春日語』が話題 若林がブチ切れたことも?

pic pic

オードリー・春日俊彰

 29日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、「話術さえあればどんなに遅刻をしても『もう少しで着く』の電話でその場にとどまらせておくの可能説」が検証された。

 そんな中、ターゲットの1人になったのは、オードリー・春日俊彰。彼と昔からの芸人仲間でラジオ『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)の構成作家もしている“サトミツ”こと、どきどきキャンプ・佐藤満春が電話の相手となったのだが、2人のやりとりが独特だったため、スタジオメンバーが違和感を持つ事態に。春日は電話で「もう降臨している」、「ごんすなTVだね」、「ヘイヘイオブです」などと言っており、松本人志から「売人みたいやん」とツッコミを入れられる。電話終了後、佐藤は“春日語”を使ったと言い、春日語の解説が行われた。

 「番組では、『イピス』は『こんにちは』、『オブです』は『よろしく』、『降臨』は『到着』などの春日語が紹介されました。春日はラジオでもよく春日語を話しているので、ファンの方は当たり前になっているようですが、ダウンタウンらタレントや一般視聴者からすれば異様な光景。ナレーションでも『いい歳して厳し目のノリ』と揶揄されていました。ちなみに、Twitterのトレンドにも『春日語』が入っており、『めっちゃ笑った』、『オードリーファンでも分からない(言葉がある)』、『なんか感動したわ』といった声がありました」(テレビ誌ライター)

 相方の若林正恭は、ラジオで春日語を話す彼に、たびたびツッコミを入れており、番組でも「若林は(春日語のことを)ヘドが出るほど嫌い」と紹介された。過去、そんな春日語を駆使する春日の独特な言い回しに、若林が違和感を持ったこともある。

 「若林のお父さんが亡くなられたとき、LINEでそのことを伝えたそうなのですが、春日が返したLINEが『残念な事でございやしたね』。これには若林も怒りを露わにしていましたが、ラジオでは笑いに昇華させていました。春日は学生時代から今のような話口調だったようですよ」(同上)

 ファンでも解読できない春日語。番組でピックアップされる日も近そうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ