search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ヤバ過ぎて番組でもネタにできない? たけし事務所、元運転手へのパワハラ否定

ヤバ過ぎて番組でもネタにできない? たけし事務所、元運転手へのパワハラ否定

pic pic

ビートたけし

 タレントのビートたけしの所属事務所「T.Nゴン」が、先ごろ発売の「週刊新潮」(新潮社)に、たけしの元弟子兼運転手の男性から1000万円の損害賠償を求めて提訴されたと報じられた件について、同誌の発売直後に反論コメントを発表した。

 同誌では、男性がT.Nゴンの役員でたけしのパートナーの女性によるパワハラで自律神経失調症を患ったとし、損害賠償を求めて東京地裁に提訴したという記事を掲載していた。

 それに対し、T.Nゴン側は、「いずれも事実に反し、当社らに対する訴訟は全くの不当訴訟というほかございません」とパワハラを否定。

 男性は俳優志望で、たけしに弟子入りを志願してきたために、芸能活動を「できる限り応援した」と説明した。

 また、「詳細の公表は差し控えるものの、さまざまな問題行動があり」と男性側の問題点を指摘し、「最終的には自ら弟子を辞める道を選択されました」と、男性が自主的に退社したことを主張。代理人は一部メディアに対し、今後、法廷で争う考えを示唆していた。

 「自分の離婚報道などは出演番組でネタにしていたたけしだが、さすがに今回の件はシャレにならないのでネタにはできなかった。とはいえ、パートナーの女性の気性の激しさは業界中に知れ渡っており、提訴した元運転手へのパワハラも目撃されていたので、反論に対しては業界内から失笑が巻き起こっている。だが、今やたけしに寄り添う唯一の人物なので、たけしとしては何としても名誉を回復してあげたいようだ」(テレビ局関係者)

 どうやら、双方、和解する意志はなさそうで、法廷闘争は長引くことになりそうだが…。

 「たけしもパートナーの女性も出廷することになりそう。そこで、たけしがパートナーを擁護したいばかりに醜態をさらせば、タレントとしての価値が一気にダウンすることになりそうだ」(芸能記者)

 たけしサイドにとってマイナスだらけの訴訟のようだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ