search
とじる
トップ > トレンド > レピッシュ・マグミの「音楽玉手箱」今週はこの1枚を聞け!<第223回>

レピッシュ・マグミの「音楽玉手箱」今週はこの1枚を聞け!<第223回>

 毎週末に連載するレピッシュのマグミによるオススメCDを紹介する企画の第223回目。マグミがDJの際にいつも持ち歩く音楽玉手箱」(CDボックス)から、今週のオススメCDをピックアップしてもらった。

◇今週のこの1枚◇ザ・ポップ・グループ「CITIZEN ZOMBIE」(2015/VICTOR ENTERTAINMENT)

 また最近パンク以降のポスト・パンクが賑やかである。パンクでさえも日本では10年遅れぐらいで一般に知れ渡ったぐらいだから、ポスト・パンクなど本物の変わり者しかリアルタイムでは知らなかった。まあ自分達では、そこに最高のものを見つけたと思ってたけどね(笑)。

 日本では一度もムーブメントになったことはないので、そのようなバンドの人達が再結成して新譜をだすなど奇跡かもね。ただ、いくつかのジャンルはポスト・パンクのバンドが始まりと感じれるものがあるので重要なシーンではあります。

 さて、35年ぶりに新譜をだしたポップ・グループ。昔は全ての楽器、声が怒りの塊となって発散されたようなサウンドに聞こえて、パンクの進化系みたいな感じで若い頃の私は捉えてました。今回は当然ベテランですから昔より聴きやすく、ダンス色も強くなってますが、よりその分、メッセージが強く伝わってくる気がします。いきなり血が熱くなり暴れたくなる衝動はありませんが、気持ちのよいダブ・ファンクの中からボディブローが効いてくる感じでしょうか。

 先日リキッド・ルームでの来日公演を見てきました。リズム隊のどっしりとしたグルーヴの中、ギターは刻み、ドライブし、効果的な鍵盤のフレーズがなり、狂気を感じるマーク・スチュワートの声が空間を切り裂く。気持ちよかったのが、全編にわたるミキサーのダブ処理で、演奏を乗っ取るぐらいの勢いがあった。曲目も新旧バランスのよいメニューで、あまり違和感も感じませんでした。次も機会があったら是非参加したいですね。

■マグミ オフィシャルウェブサイト http://magumi.jp/main.html
■ライブ日程はこちら http://npn.co.jp/newsrelease/detail/6008315/

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ