search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 『ポケモン』と『ちびまる子ちゃん』裏番組化で熾烈な争いに? 勝者は意外にも…

『ポケモン』と『ちびまる子ちゃん』裏番組化で熾烈な争いに? 勝者は意外にも…

pic pic

ピカチュウ

 日曜夕方〜夜の民放局による視聴率争いが熾烈を極めているという。

 日曜夕方の民放局といえば、日本テレビの長寿演芸番組『笑点』を始め、フジテレビのアニメ『ちびまる子ちゃん』から『サザエさん』など、長年に渡り国民に愛された長寿番組がズラリと並ぶ激戦区だが、2018年10月に入り、新たな国民的番組が加入してきた。

 それが、1997年からテレビ東京系で放送されているテレビアニメ『ポケットモンスター』である。『ポケモン』は、以前は木曜日に放送されていたが、2018年10月に放送時間が変更となり、現在、関東では『ちびまる子ちゃん』の裏番組である日曜日の18時00分から放送されている。

 「子供番組の放送時間被り」自体はそう珍しいことではないが、互いに20年を超える人気長寿番組であり、幼児から小学生といった主な視聴者層も被っていることから、それまで『ちびまる子ちゃん』を見ていた視聴者が『ポケモン』にも流れてしまい、視聴者が分散してしまっているという。

 現在、視聴率は『ちびまる子ちゃん』が9%前後、『ポケモン』が3%前後(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、視聴率面では『ちびまる子ちゃん』の圧勝となっているが、『ポケモン』は視聴率よりも、ゲームやおもちゃなどの二次使用料や動画配信を中心に莫大な収益を得ているほか、現在は「ポケモンGO」といったアプリゲームが子供だけではなく、中高年にも受け入れられたことから、アニメそのものの視聴率はさほど重要視していないと思われる。

 そのため、視聴率争いでは勝負にならないものの、時間移動でダメージを被っているのは低視聴率の『ポケモン』ではなく、むしろ二次使用料やグッズ展開の少ない『ちびまる子ちゃん』側ではないかとされている。

 少子化が囁かれる昨今。『ちびまる子ちゃん』も何か大人向けのコンテンツが必要かも…?

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ