search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「巨乳ちゃんを探せ!」第14回〜女子プロ野球選手・“ナックル姫”吉田えり

「巨乳ちゃんを探せ!」第14回〜女子プロ野球選手・“ナックル姫”吉田えり

 リアルライブ読者の皆さま、こんにちは。

 各界の巨乳ちゃんをピックアップするこのコーナーですが、今回はこの度、再渡米した女子プロ野球選手、“ナックル姫”こと吉田えり投手(20)を取り上げます。

 吉田は92年1月17日生まれ、神奈川県横浜市出身。小学2年の時に野球を始め、横浜市立中川西中学校では軟式野球部に所属し、一塁手としてプレー。その後、硬式野球を始め、父親の勧めで投手に転向。川崎北高に進学後、硬式野球部に入部したものの、故障のため5日で退部。男子との体力の差を感じるようになったが、テレビで見たナックルボールの使い手、ティム・ウェイクフィールド投手(前レッドソックス)の影響を受けた。「ナックルボールを覚えれば、男子と同じ土俵で野球を続けられるのではないか」と思い、練習に精を出して、ナックルを習得。

 その後は社会人野球クラブチームの千葉熱血メイキング、西多摩倶楽部に所属。女子クラブチームのアサヒトラストでもプレーした。

 08年11月、関西独立リーグの合同トライアウトを受け合格。同リーグのドラフト会議で神戸9クルーズから7巡目指名を受け入団。現役女子高生プロ野球選手の誕生ということで、話題を振りまいた。

 09年シーズンは未勝利に終わり、神戸9クルーズを退団。10年初頭に米アリゾナ州でのウインターリーグに参加し、独立リーグ・ゴールデンベースボールリーグのチコ・アウトローズからのオファーを受け、同年5月に入団し渡米。ここでも未勝利に終わった。

 翌年初頭のウインターリーグでは声がかからなかったが、11年シーズン途中にチコ・アウトローズに復帰。ところが、直後にマウイ・イカイカにトレードされた。ここでリーグ初勝利を挙げたものの、同チームが財政難のため、選手全員が自由契約となり帰国。

 今年1月、関西独立リーグの兵庫ブルーサンダーズに入団。5月3日の紀州レンジャーズ戦で、待望の日本初勝利を挙げた。そして、6月から古巣のマウイ・イカイカに復帰。米国での3シーズン目を迎える。同リーグは5日(日本時間6日)に開幕する。

 自称巨乳評論家のA氏は、「えりちゃんの魅力は愛らしいルックスと童顔。一見、巨乳には見えないのですが、米国での生活でバストも巨大化したようです。食べ物とサプリメントが功を奏したのですかね…。投げる度に、胸がユサユサと揺れる姿はたまりません。できたら、日本でのプレーを見たいものです」と語る。

 なにかと話題の吉田だけに、日本国内で見たいのはヤマヤマですが、ぜひ、米国で成功して日本球界に戻ってきてほしいものです。
(坂本太郎)

画像:【公式】吉田えり 【Official】Eri Yoshida
http://www.facebook.com/eri.yoshida.official

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ