search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 佐村河内守さん側が反論 CDは“駆け込み需要”も!?

佐村河内守さん側が反論 CDは“駆け込み需要”も!?

 作曲家・佐村河内守さん(50)のゴーストライターだったことを告白した桐朋学園大非常勤講師の新垣隆さん(43)が6日、都内で会見し「私は共犯者。申し訳ありませんでした」と謝罪。さらに、両耳が聞こえないという佐村河内さんだが、新垣さんは「聞こえないと感じたことは一度もない」と明かし、「彼は障害者ではないと思います」とも語った。

 記者会見では、18年間で20曲以上の楽曲を提供し、約700万円を報酬として受け取るなど具体的な内容も明かされたが、同日に佐村河内氏の代理人も報道陣の取材に応じ、「ご本人が耳が聞こえないのは本当だろうと思っています」と反論。障害者手帳も確認しているという。

 さらに、騒動の渦中にある作曲家・佐村河内守さん“名義”のアルバム『交響曲第1番 HIROSHIMA』が音楽チャートで21位に急上昇。レコード会社は、佐村河内守さん名義のCDの出荷を見合わせることを決定しているため、“駆け込み需要”であると見られている。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ