search
とじる
トップ > 社会 > フジテレビ、休暇取得達成で手当を支給 若手流出対策かそれとも…

フジテレビ、休暇取得達成で手当を支給 若手流出対策かそれとも…

pic pic

画像はイメージです

 各企業で推奨されている「働き方改革」だが、4月からフジテレビで休暇取得の達成度により手当が支給されることを、発売中の「週刊現代」(講談社)が報じている。

 同誌によると、4月から支給されることになるのは「健康管理手当」。

 週2日の休暇取得を奨励する目的でスタート。例えば、1か月の所定休暇が8日間だとして、100%取得できたら6万円、75%で4万円、50%で2万円が支給されるというのだ。

 支給対象となるのは、報道や番組制作などの裁量労働制の部署に勤務する、入社3年目から12年目くらいまでの若手社員。

 テレビ界では前代未聞の手当のようだが、現状、同局の社員は数年前に比べて大幅に減。そのため、対象の部署の社員はなかなか休めず。

 契約スタッフとの関係や、休日出勤したら1万円ほどの手当がもらえることなどもあって、なかなか休めない状況だという。

 「フジといえば、早期退職者に対して、退職金に7000万円上乗せして支給することで話題になったが、またまた奇策を打ち出した。とはいえ、休暇を取得するような社員はなかなか出世できない。手当よりも、なかなか休めない労働環境を改善する方が先なのでは」(テレビ局関係者)

 フジといえば、4月に大改編を実施。改編の中心となるのが、報道とバラエティー番組。新しい手当の支給対象の社員たちが忙しくなるのは、上層部もしっかり把握しているはずだ。

 「それでも、労働基準監督署に対して何らかのアピールをしなければいけなかったので、新制度を導入したのだろう。ただ、達成度が低ければ厳しい指摘を受け、改善を要求されることになりそうだが」(同前)

 新制度がどのぐらいの成果を残すかが注目される。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ