search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 重症の「ずん」のやす。復帰後も厳しい!?

重症の「ずん」のやす。復帰後も厳しい!?

 『とんねるずのみなさんのおかげでした』の収録中、腰の骨を折る大けがをしたお笑いコンビ「ずん」のやす。『とんねるずのみなさんのおかげでした』は9年前にも葛城ユキが人間大砲の事故で胸を打つ事故を起こしたこともあり、ネットその他では番組批判、強いてはとんねるずへの批判が起こっている。

 さて、気になるは、やすの状態であるが先日都内の病院に搬送され、緊急手術を受けたという。一部報道では意識もしっかりしており最悪の状態は避けられたというが、まだまだ復帰には時間がかかりそうである。

 そもそもやすは「柔道の達人」というキャラで人気を得ていた体力型芸人。柔道では腰をつかう技がほとんどのため、今後の活動にセーブがかかってしまうのでは? と噂される。

 さらに今回の事故は、番組スタッフが『やすの柔道キャラ』に甘えた結果、巻き起こした事故だったのではと某芸能ライターは指摘する。

 「『みなさんのおかげでした』に限らずバラエティ番組のキャスティングというのは結構ザックリしたものが多く、やすさんのような体力型芸人は危険なロケに行かされることが非常に多いです。今回のキャスティングも体力のあるやすさんだからと、かなり危険な事をやらされていた可能性が高いです。もっとも水上スキーと柔道は何も関係がないのですが…」

 「やすは体力があるから」と安全確認を怠っていた可能性があるということか。

 また、番組収録中の事故で怪我を負った芸人はその後のケアで多くのレギュラーを得るという。実際、バラエティ番組『1or8』で怪我を負ったヒロミはフジテレビのお情けでバラエティ番組のレギュラーを多数ゲットし大物入りを果たしたと目されている。

 では「ずん」のやすも…と言いたいところだが、バラエティに出はじめたのが割と最近で、相方の飯尾和樹とは違い、ほとんど顔が知られていない。

 「ずん」のやすのケアで、テレビの良心が計れるのかもしれない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ