search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 芸人界の投資ブームはあの人がきっかけだった! 仮想通貨流出騒動が“飛び火”し炎上

芸人界の投資ブームはあの人がきっかけだった! 仮想通貨流出騒動が“飛び火”し炎上

 お笑い芸人のたむらけんじが、30日に放送されたフジテレビ系「とくダネ!」に電話出演し、仮想通貨取引所大手「コインチェック」から約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した騒動で、自身に対してクレームが殺到していることを明かした。

 芸人仲間らに仮想通貨投資を勧めていたというたむら。ダウンタウンの松本人志は、21日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、たむらの勧めで投資を始めたことを明かしていた。

 大量流出の被害者であることをSNSで告白したお笑いコンビ「藤崎マーケット」のトキは29日、フジテレビ「ノンストップ!」にVTR出演。

 被害を受けたせいでここ数日、不眠状態であることを告白。預金のほとんどを「NEM」にしてしまったそうで、「急に(預金が)ゼロになるということがこの世にあるんだと…。残高は6万円と(電子マネーカードの)PiTaPa(ピタパ)の6000円くらいしかない」とため息。

 そして、たむらの勧めで投資を始めたことを明かし、「今度会ったら蹴っちゃうかも」と肩を落とした。

 それを受けたたむらは「とくダネ!」で、「『仮想通貨の世界がスタンダードになる時代がもうそんなに遠くなく来るかもしれませんよ』っていうことは言ってました」と周囲に勧めていたことは明かしたものの、「僕が絶対に言うてることは、まず絶対に余裕のお金でやってくださいって」と釈明。

 今回の騒動でクレームが寄せられていることを明かし、「電話はないですけど、ネットはすごいです。『たむらが元凶や』とか、『トキのお金肩代わりしたれ』とか、めっちゃきますよ」と炎上状態に苦笑。ちなみに、流出による被害はなかったというのだ。

 「『NEM』のCMに出演していた出川哲朗がある意味一番の“被害者”となってしまったが、たむらも名前を出されてそれなりの“被害”を受けそう。被害があれば多少同情されたかもしれないが、なかったことでネットユーザーの“矛先”が向かうことになりそう。経営する焼き肉店にも風評被害が及ばないか危惧される」(芸能記者)

 これ以上、芸能界から“被害者”が出ないことを願いたいものだが…。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ