search
とじる
トップ > 社会 > 小学校の女性教諭が女児の裸を盗撮

小学校の女性教諭が女児の裸を盗撮

 警視庁練馬署が女児の裸を盗撮したとして、8月9日までに児童買春・ポルノ禁止法違反(単純製造)の疑いで、東京都国立市の市立小学校教諭・山川花織容疑者(25=埼玉県所沢市)を逮捕していたことが分かった。

 同署によると、「自分で見るために撮った。女性の美しい胸を見るのが好きだった」などと容疑を認めているという。画像が第三者に譲渡されたり、インターネット上への流出などは否定しており、同署でも確認されていない。

 逮捕容疑は6月21日午後8時〜9時頃、小学校の移動教室で訪れていた栃木県日光市のホテルの浴場で、引率していた6年生の女児の裸をビデオカメラで撮影したとしている。国立市教委によると、山川容疑者は4年生の担任だが、移動教室には応援要員として参加していた。

 同署によると、山川容疑者は7月15日、東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールにある女子更衣室で、ポーチの中にビデオカメラを隠して女性の裸を盗撮していた疑いも持たれており、任意で事情を聴いていたところ、ビデオ内から大浴場の映像が見つかり、発覚した。同署は遊園地での盗撮も都迷惑防止条例違反で書類送検する方針。

 山川容疑者は昨年4月に試用採用され期限付きでこの小学校に勤務、今年4月に正式採用されていた。国立市教委は「あってはならないことが起きてしまい、申し訳ない。教員の指導厳格化に努める。カウンセラーと協力して児童の不安を取り除き、学校教育への信頼回復に努めたい。捜査を踏まえ、厳しく対応する」と話している。

 まさによもやといっていい事件。男性教諭による盗撮なら話は分かるが、女性教諭による盗撮には驚きだ。山川容疑者も、せっかく本採用になったばかりなのに、このような犯行に手を染めてしまうとは、疑問は尽きない。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ