search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「感性を疑う」やくみつるが描いた“稲村亜美始球式騒動”のパロディイラストに批判が続出

「感性を疑う」やくみつるが描いた“稲村亜美始球式騒動”のパロディイラストに批判が続出

pic pic

やくみつる

 ある時は漫画家、またある時はコメンテーターとして様々な媒体で活動しているやくみつる。その彼が描いた1枚のイラストに、ネット上では批判が集まっている。

 問題のイラストが寄稿されたのは、「みんなのニュース」(フジテレビ系)。22日に更新された番組の公式ツイッターには「始球式といえば、稲村亜美さん。12球団で争奪戦が繰り広げられるか!?」という一文と共に、やくの描いたイラストがツイートされている。

 気になるイラストの内容だが、舞台となっているのは野球場。始球式のためマウンドに立つ稲村だが、そこにユニフォームを着た12球団の選手たちが殺到。混乱するグラウンドに対して、「両リーグ選手の皆さま!!お戻りくださいっ!!」とアナウンスがされるといった内容が描かれている。

 今回のイラストにおいて“元ネタ”となっているのが、今月10日に起きた“稲村亜美始球式騒動”。この日、日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の開幕式で始球式を行った稲村だが、投球終了後に周囲を囲っていた中学生球児たちが稲村の元に殺到。結果もみくちゃにされるという一幕が起きた。

 この騒動に対して、主催者の連盟は公式ホームページに「お忙しいところ折角来ていただいた、本連盟の卒団生である稲村亜美さんや所属事務所の皆様に多大なご迷惑をおかけし、心よりお詫びを申し上げる次第です」とお詫び文を掲載し平謝り。しかし、ネット上にはどさくさに紛れて稲村の体を触ったという参加者の投稿もあることから、この騒動は議論になっており、稲村自身も状況の説明・釈明をする日々が続いている。

 世間で大きな話題となった騒動をパロディ化した今回のイラスト。しかし、ネット上では「冗談で扱うことじゃない」、「感性を疑う」、「稲村にもプロ野球選手にも失礼」といった批判が噴出。また、本イラストを掲載した番組に対する疑問の声もいくつか見受けられる。

 イラストを描いたやくと、それを掲載した番組。そのどちらにも配慮が足りなかったと言えるのかもしれない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ