search
とじる
トップ > 芸能ニュース > NEWS小山、『ダルク』取材経験から田代容疑者「サポートする人が必要」 医師は「精神的依存は一生続く」指摘も

NEWS小山、『ダルク』取材経験から田代容疑者「サポートする人が必要」 医師は「精神的依存は一生続く」指摘も

pic pic

田代まさし

 11月7日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、覚せい剤を所持していたとして逮捕された元タレントの田代まさし容疑者の話題となった。

 NEWSの小山慶一郎は、田代容疑者が関わっていた薬物依存者などの支援グループである「ダルク」の取材をかねてより行っており、関心も高いようだった。小山は「田代容疑者が精力的に講演活動をされていた。それがクスリを再び始める負担になったり、プレッシャーになったのか。サポート側に回っていたのだけれども、それをサポートする人が必要だということがわかった」と社会派の視点から鋭くコメント。ナジャ・グランディーバから「100点ですね、コメントが」とツッコまれていた。これには、ネット上で「確かに田代容疑者をサポートする人がいなかったっていうのはあるかも」「小山、さすが報道キャスターやってただけあるな」といった声が聞かれた。

 さらに、医師でタレントの丸田佳奈は「覚せい剤は、身体依存は抜けるんですけど、精神依存は一生取れない」と専門家の立場から冷静な意見を述べた。「私たちがお腹すいた時に、何か食べたい、水を飲みたいっていうように一生欲するんですよ。覚せい剤に手を出すと、人生終わるというのはこういうこと」と、薬物依存の恐ろしさを語り、「こういうケースを見て、今後手を出さないようにと思うしかない」と語った。これには、ネット上では「アル中も何年やめていても一滴でも飲んだら終わりみたいなように、薬物も一緒なんだろう」「一生続くっていうのはなんだか怖いわ」といった声が聞かれた。

 近年の田代容疑者は、元薬物依存者として講演活動も積極的にこなし、実質的にタレント活動を再開させていたと言える。彼が訴えていた「薬物依存の恐ろしさ」は、自らの逮捕によって周知されたと言えるかもしれない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ