search
とじる
トップ > 芸能ニュース > タッキー派2組同時のCDデビュー、他のグループにはない「大義名分」とは

タッキー派2組同時のCDデビュー、他のグループにはない「大義名分」とは

pic pic

画像はイメージです

 ジャニーズJr.内のユニット・Snow ManとSixTONESが、来年同時にCDデビューすることが、8日、東京ドームで行われたジャニーズJr.のライブイベント「ジャニーズJr.8・8祭り〜東京ドームから始まる〜」で発表されたことを、各スポーツ紙が報じている。

 各紙によると、ステージに、2つのユニットのメンバーが並び、SixTONESのジェシーが「皆さんに伝えることがあります」と切り出すと、モニターに「Six TONES、Snow Man、2020年 同時CDデビュー決定!!」と映し出されたという。

 SixTONESはソニー・ミュージック、Snow Manはエイベックスから、それぞれCDを発売。さらに、Snow Manは2020年春にアジア公演、SixTONESが年内から全国ツアーを行うことも発表された。

 取材に応じた「ジャニーズアイランド」の滝沢秀明社長によると、先月9日に亡くなったジャニー喜多川さんが倒れる2日前の6月16日に、デビューが正式決定。滝沢氏の「ジャニーさんの前で伝えたい」という意向で、6月28日にジャニーさんが入院する病室に2組のメンバーを集め、ベッドを囲んで同時デビューを伝えたというのだ。

 「滝沢氏は今後、ジャニーさんの“遺志”であることを前面に押し出して、ビジネスを展開していくだろう。すでにデビューしているグループには、その“大義名分”がない」(芸能記者)

 大攻勢を仕掛けるタッキー派だが、来年いっぱいで嵐が活動を休止。さらに、一部で、関ジャニ∞とTOKIOにも活動休止の可能性が浮上していることが報じられた。

 現状だと、次期社長の藤島ジュリー景子氏側は明らかに旗色が悪く、このままだと滝沢氏がジャニーズの“覇権”を握ることになりそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ