search
とじる
トップ > 芸能ニュース > すでに“シナリオ”が描かれていた沢尻エリカの離婚劇

すでに“シナリオ”が描かれていた沢尻エリカの離婚劇

 離婚報道から一夜明けた26日、都内にある沢尻エリカの自宅には早朝からマスコミが押しかけ、母のリラさんは「(離婚の)相談は受けていません。本人に聞いてほしい」などと困惑気味にコメント。

 この日、一部スポーツ紙で今後は大手レコード会社・エイベックスに所属することが報じられたが、マスコミ対応のため同社の関係者が沢尻宅を訪れ「契約に関して、そのような話があるのは事実です」と報道を認め、同社の松浦勝人社長はツィッターで沢尻に「エリカ様がavexならなぁ。。。絶対売る自身があるんだけど…」とラブコール。27日の一部スポーツ紙では沢尻が同社の携帯電話専門放送局「BeeTV」のドラマ出演が報じられた。

 あわただしい沢尻サイドの動きに対して、夫でハイパーメディアクリエイターの高城剛氏はマスコミ各社の取材に対して、「妻を信じて連絡を待つ」とし、離婚の原因とされている金銭問題や復帰に際してマスコミ各社に署名を求めた「6箇条の誓約書」の作成の関与を否定したが、高城氏は“シナリオ”を全く知らないようだ。
 「要は藤原紀香、陣内智則元夫妻の離婚劇の時と同じで、離婚劇の“シナリオ”が描かれている。あの時は陣内の女性問題やDVなどが噴出し、紀香への“同情論”が巻き起こるような“仕掛け”だったが、今回は高城氏が陣内の役回り。そのうえで、沢尻はエイベックスで華々しく復帰する。ちなみに、今回の“シナリオ”を描いたのは、マスコミ各社に絶大な影響力を持つ、沢尻が相談に行った芸能界の大物で紀香の時と同じ」(芸能プロダクション関係者)
 すでに、沢尻は代理人を立てて離婚協議を進めるようだが、ここまで来てしまっては、もはや高城氏に打つ手はない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ