search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 池脇千鶴 制作サイドからの「太れ」指令に悪戦苦闘

池脇千鶴 制作サイドからの「太れ」指令に悪戦苦闘

 11日、都内で映画『きみはいい子』のヒット御礼イベントに女優の池脇千鶴と俳優の高橋和也が出席した。

 現在劇場公開中の本作は、中脇初枝の同名小説を映画化したもので池脇は二児の母親役を演じた。映画での役作りに際して、池脇はプロデューサーからとにかく太るように依頼されていたとのことで、「いうのは簡単でしょうよ(笑)」とコメントし、場内の笑いを誘い、「別の現場の衣装がだんだんきつくなっていった」と明かした。

 さらに、今回ふたりと一緒に登壇した呉美保監督にも、池脇が増量の努力をしているのかの情報が入るようになっていたそうで、呉監督は「池脇さんが今焼き肉食べていますという話が来てましたよ(笑)」と裏話を披露した。

 池脇と高橋は、呉監督の『そこのみにて光輝く』でも共演しており、そこでは高橋が残忍な土建屋を、池脇がその愛人を演じ愛憎劇を繰り広げた。今回は前作とは打って変わり、劇中で他の人々を救う夫婦を演じたということで、高橋は「今回は天使のような役。でも気分的には悪魔の方が楽。いい人役は恥ずかしい」とコメント。「前回、あれほど憎み合ったふたりが人助けをするというのが面白い」と語った。

 また、今回のイベントには池脇、高橋の子どもを演じた佐々木実琴くん、川村あやのちゃんも登壇した。(斎藤雅道)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ