search
とじる
トップ > トレンド > ファンなら一度は食べてみたい!? 『坂の上の雲〜もぶり蕎麦〜』

ファンなら一度は食べてみたい!? 『坂の上の雲〜もぶり蕎麦〜』

 12月からはじまるNHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の第2部。原作は司馬遼太郎、本木雅弘や阿部寛など豪華俳優陣が競演する注目のドラマだ。そんな中、新発想のユニークな蕎麦を次々と提供している東京・日本橋の蕎麦屋「よもだそば」が同ドラマゆかりの地である愛媛松山の郷土料理「もぶり飯」を蕎麦で再現、『坂の上の雲〜もぶり蕎麦〜』を11月8日(月)から年末まで限定販売する。

 「もぶり(る)」とは混ぜるという意味の方言で、もぶり飯は「坂の上の雲」にも登場する愛媛県松山地方の代表的郷土鮓(すし)料理。瀬戸内海の魚をふんだんに使った“ちらし寿司”のことで、松山地方ではおもてなしの料理である。 

 ドラマに登場する正岡子規も好んで食べたというこの料理、「よもだそば」ではかけそばの上に穴子、酢でしめた海老、コハダなどの魚介類と蓮根、甘辛く炊いた筍、人参、アゲと錦糸卵などの「もぶり飯」の具材を乗せて「よもだそば」オリジナルの豪華な「もぶり蕎麦」をつくった。価格は800円(税込)。

 『坂の上の雲』のファンならば一度は口にしてみたい味、明治の偉人たちに思いを馳せながら日本橋でランチを楽しんでみてはいかがだろうか。販売は12月29日まで。

「よもだそば」
東京都中央区日本橋2-1-10 八重洲興業ビル1F
JR東京駅の八重洲北口から徒歩8分
東京メトロ東西線/銀座線の日本橋駅より徒歩2分
営業時間 平日7:00〜22:00 土曜8:00〜15:00 日曜/祝日10:00〜15:00
HP http://www.yomoda-soba.com/

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ