search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『ミヤネ屋』、嵐ファンの不信感を煽る? RIKACOの「解散」連発にも悲しみの声相次ぐ

『ミヤネ屋』、嵐ファンの不信感を煽る? RIKACOの「解散」連発にも悲しみの声相次ぐ

pic pic

画像はイメージです

 29日放送の情報ワイドナショー番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)内で特集された嵐の活動休止騒動について、ファンの間で物議を醸している。

 27日に行われた嵐の記者会見の中では、ある記者が「やっぱり『無責任じゃないか』という指摘もあると思うんです」と嵐に質問し、櫻井翔が怒りを滲ませつつ冷静に対応する一幕もあったが、ミヤネ屋はこれについて、発言した「スポーツニッポン」の別の記者を招いて解説。「解散」という情報をキャッチしたのは去年12月だったとした上で、不仲のイメージが全くなかったため、半信半疑で取材を進めていたといい、「活動休止の理由がリーダーの方の『自由になりたい』というものだったため、その理由だけで決断するのはどうなんだろう。心配したのは、これは大野さんのワガママと感じ取られないか。そのことについて悩んだりしませんでしたかと聞く予定だった」と釈明した。

 さらに、スポニチの記者は嵐が活動休止を選ぶ過程を説明する中で、「(17年以降)大野さんが大好きなソロ仕事をしていない、これは異常事態だと。それから探っても(解散の情報に)たどり着かなかった」「『花より男子』(TBS系)に松本さんが出てた05年頃、松本さんのソロ思考が強くなった動きを我々が取材でこれなんかあるかな?と思った時があった」と、かつて松本潤がソロ活動を模索していたと取られるような発言をしていた。

 これにネットからは「潤くんがソロを考えてたなんて聞いたことない!」「大野くんが大好きなソロ活動とか、何も知らないのに聞かないでほしい」「松潤も大野君も個人仕事せずに嵐優先にしてきたのに、なんで悪く言われなきゃならいの?」といった声が殺到。ファンの反感を買う事態になっている。

 一方、この日コメンテーターとして出演していたRIKACOは番組内で「私の友だちですごい嵐のファンの人が多い」と前置きしつつ、「ずっと泣いてるって。『解散するのは悲しいけど、悲しいって想いと大野くんには頑張ってほしい』って想いが行ったり来たりなんだって」と、活動休止を「解散」と表現したものの、番組内で訂正されることはなかった。

 これに対しても「ファンの神経逆なでして楽しい?」「テレビで発言する人がなんで解散って間違えるのかな…」「訂正して謝罪してほしい。間違った認識をテレビの前で広めないで」という不満の声が噴出。実際に日本テレビに苦情を送ったという報告も見受けられた。

 嵐ファンにとってデリケートな話題なだけに、ファンの不信感を多く買ってしまった今回の特集。放送から1日経ったいまも不信の声は多く聞かれている。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ