search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 朝ドラ「まれ」の「一子」役で人気上昇中の清水富美加が連ドラ・ヒロインに抜てき!

朝ドラ「まれ」の「一子」役で人気上昇中の清水富美加が連ドラ・ヒロインに抜てき!

 NHK連続テレビ小説「まれ」(土屋太鳳主演/月〜土曜午前8時〜)で、主人公の津村希(土屋)の同級生で親友の蔵本一子役を演じ、人気上昇中の清水富美加が、7月期の連ドラでヒロインに抜てきされたことが分かった。

 清水が出演するのは、MBS・TBS系の連続ドラマ「となりの関くん」(MBS=日曜深夜0時50分〜/TBS=火曜深夜1時11分〜)で、放送開始はMBSが7月26日、TBSが同28日。

 「となりの関くん」は森繁拓真氏の原作で、累計発行部数320万部(15年4月現在)を突破した大ヒットコミックで、14年1月にはテレビアニメ化され、テレビ東京などで放送された。実写ドラマ化は初となり、脚本は細川徹氏が担当する。

 同ドラマは、主人公のナゾの男子高校生・関俊成(渡辺佑太朗)が、授業中にドミノ、将棋、ゴルフ、ラジコンなど、多種多様な遊びをして、机の上を遊園地に変え、隣の席のマジメ女子・横井るみ(清水)を魅了する…というストーリーで、「るみちゃんの事象」(トミタ栞主演)との2本立てでオンエアされる。

 清水は08年、「レプロガールズオーディション」でグッドキャラクター賞を受賞し、芸能界入り。09年3月から、女子小中学生向けのファッション誌「ラブベリー」(徳間書店)の専属モデルとなる。11年4月公開の「アバタ−」で映画初出演。11年9月から放送されたドラマ「仮面ライダーフォーゼ」(テレビ朝日)、劇場版の仮面ライダーシリーズで、ヒロインの城島ユウキ役を演じ注目を集めた。

 13年4月に公開された鈴木亮平主演の映画「HK 変態仮面」ではヒロイン役を務め、同年12月公開の「赤々煉恋」では主演の土屋と共演している。

 昨年は「魔法★男子チェリーズ」(テレビ東京)、「ペテロの葬列」(TBS)、「聖女」(NHK総合)と3つの連ドラに出演し、今春「まれ」の主要キャストに起用された。

 今年2月公開の「振り子」(中村獅童主演)、北野武作品の「龍三と七人の子分たち」(同年4月公開)、「ズタボロ」(永瀬匡主演=同年5月公開)と話題作に次々に出演するなど、今注目の若手女優となった。

 深夜枠とはいえ、連ドラのヒロイン抜てきで、さらなるブレイクが期待され、「まれ」で共演の土屋や、一歩先を行く門脇麦(寺岡みのり役)との出世レースに注目が集まる。
(坂本太郎)

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ