search
とじる
トップ > 芸能ニュース > Take2東、年に一度の舞台でもコンビ揃わず 不仲で解散したボキャブラ世代は?

Take2東、年に一度の舞台でもコンビ揃わず 不仲で解散したボキャブラ世代は?

pic pic

東貴博

 お笑いコンビTake2の東貴博が新橋演芸場で行われる『船上のカナリアは陽気な不協和音〜Don’t stop singing〜』の公開舞台稽古前の囲み取材に出席した。この舞台は相方の深沢邦之と年に1度の共演をすることで知られる。

 Take2は萩本欽一主宰の「欽ちゃん劇団」で出会いコンビを結成。その後、『ボキャブラ天国』シリーズ(フジテレビ系)出演などでブレイクを果たす。深沢が付き人をしていた田中美佐子と結婚した“格差婚”も話題となった。しかし、このコンビは若手時代から不仲として知られ、現在は共演の機会はほとんどない。多くの若手芸人が出演したボキャブラ世代の芸人には、ほかにも不仲コンビがいた。

 「現在は関係性は回復しているようですが、アンジャッシュも一時期かなり不仲だったといわれていますね。現在のように渡部建のグルメうんちくキャラ、児嶋一哉のいじられキャラなどが確立される前で、地味な見た目のため、なかなかブレイクにつながりませんでした。そのため、売れないのを相手のせいにするコンビとしては一番よくないパターンに陥っていたともいわれていますね」(放送作家)

 だが、Take2もアンジャッシュも解散せずに現在に至っている。一方で、実際にコンビ解散に至った例もある。

 「ひな壇芸人の重鎮として活躍する土田晃之は、ボキャブラ時代はU-turnというコンビを組んでいました。相方は専門学校時代の同級生で、小動物的なかわいらしいルックスで女性人気も高い人物でした。しかし、コンビ仲はかなり悪かったようで、裏でいじめるほか、アドリブに弱い相方を土田が助けないといったこともあったようですね。過度のストレスから相方は芸人を引退し就職。今はたまに連絡を取り合うくらいの関係のようです」(前出・同)

 最近でも木曽さんちゅうとねづっちのWコロンが不仲を原因に解散している。芸人の不仲エピソードはどの時代にもつきものなのかもしれない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ