search
とじる
トップ > 社会 > 職質した捜査員に暴行を加えた警視庁警部補を児童買春容疑で再逮捕

職質した捜査員に暴行を加えた警視庁警部補を児童買春容疑で再逮捕

 神奈川県警少年捜査課などは11月14日、捜査員に職務質問された際、抵抗して暴行を加えたとして、公務執行妨害の疑いで逮捕した警視庁大森署刑事組織犯罪対策課の男性警部補(44=東京都葛飾区新小岩)を、女子中学生に現金を渡して、わいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の容疑で再逮捕した。

 再逮捕容疑は、13年11月23日、東京都大田区のホテルで、当時14歳で中学2年だった江戸川区の女子生徒に現金3万円を渡し、みだらな行為をしたとしている。

 県警によると、今年2月、インターネットで客を募って、少女を客に派遣していた大田区内のデリバリーヘルス業者を摘発。客とのやりとりなどを分析したところ、警部補が児童買春に関与した疑いが浮上した。

 警部補が千葉県市川市の漫画喫茶のパソコンで、業者と連絡を取り合っていたことが分かり、11月3日午後9時半頃、漫画喫茶にいた警部補を捜査員が職務質問した。すると、警部補は捜査員を突き飛ばすなどの暴行を加え、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕された。

 警察の調べに対し、公務執行妨害については、容疑を認めたため、児童買春の疑いで捜査を進めたところ、警部補は同容疑に関しても認めた。公務執行妨害容疑は処分保留となった。

 県警では、警部補が他のデリヘル業者ともやりとりをした形跡があることから、さらに追及している。

 警視庁の森元良幸警務部参事官は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。神奈川県警の捜査結果を踏まえ、明らかになった事実に即して厳正に対処したい」とコメントした。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ