search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの中央競馬新馬セレクション(9/4新潟・9/3札幌)

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(9/4新潟・9/3札幌)

 今週デビューの注目馬は、9月4日(日)新潟第5R 芝1800m戦に出走予定のウルラーレ。馬名の由来は「叫ぶ(伊)」。牡、栗毛、2014年1月13日生。美浦・小島茂之厩舎。父ハーツクライ、母ウミラージ、母父Monsun。生産は白老町・社台コーポレーション白老ファーム、馬主はG1レーシング。愛馬会法人・G1サラブレッドクラブの募集馬で総額3000万円。半兄にはダート中距離で3勝を挙げたヴォルケンクラッツ(父ハーツクライ)や、同じく半兄に芝で3勝を挙げているウムブルフ(父ディープインパクト)がいる。本馬は脚長であるが、母父Monsunから受け継いだどっしりとした馬体をしている。しっかりとした腹袋の持ち主で内臓面も強そう。長い距離が合いそうで、キレる脚よりも長く良い脚を使うタイプだろう。なお、鞍上には田辺裕信騎手を予定している。

 もう一頭の注目馬は、9月3日(土)札幌第5R 芝1500m戦に出走予定のニシノエアレス。馬名の由来は「冠名+女性相続人」。牝、栗毛、2014年5月6日生。栗東・浅見秀一厩舎。父ヴィクトワールピサ、母ニシノブルームーン、母父タニノギムレット。生産は新ひだか町・本桐牧場、馬主は西山茂行氏。母は10年中山牝馬S(GIII)の勝ち馬で全6勝を挙げた。本馬は全体的にまだ幼い体つきで良くなってくるのは先だろうが、牝馬らしい丸みを帯びた馬体をしており牝馬特有のキレがありそう。手先が軽いタイプで飛びが大きくスピードがありそうだ。なお、鞍上には福永祐一騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調、抽選非当選により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ