search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 出川にも勧めたい?「吹っ飛んだりするので」河北麻友子、ICL近視治療を受けコンタクトいらずに

出川にも勧めたい?「吹っ飛んだりするので」河北麻友子、ICL近視治療を受けコンタクトいらずに

pic pic

河北麻友子

 河北麻友子が14日、都内で開催されたICL治療アンバサダー就任&WebCM発表会に登壇し、ICL(眼内コンタクトレンズ)治療の体験を語った。

 「世界が変わりました」。ICLによる近視治療を受けて生活が一変した。手術前は視力0.06で「起きた瞬間から眼鏡かコンタクトをしないと生活ができない」ほど。「翌朝すぐに見える!」、「出かける準備が早い」、「仕事に集中できる」と治療のメリットを挙げた。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 「泣くシーンがあると、コンタクトもそのまま取れちゃっていた。アレルギーで目がかゆくなる不安もなくなって仕事に集中することができる」と河北。「カンペを読む時、遠くで読みづらかったりするんですけど、安心して読めるようになった」と効果を実感している。「出川(哲朗)さんも、よく体当たりの仕事でコンタクトが吹っ飛んだりするので」とリアクション芸の先輩に勧めたいと話した。

 河北は今年1月に一般男性と結婚。「朝、一番最初に見るのが夫。ちょっとぼやけてるくらいがいいんですかね」と幸せオーラ満開で答えた。「夫は目が良いので『こういう感覚なんだ!』、『こんなに見えるんだね』と見える人の会話ができました」と喜んだ。

 コンタクトを初めて使ったのは「中学生くらい」。グランプリを獲得した『第9回全日本国民的美少女コンテスト』出場のためだった。結婚して変わったことは「堂々と外で一緒にデートできたりとかですかね。今まではコソコソしていたので」。「普通にご飯を作って一緒に食べたり、ずっと2人なので、おうちに帰って『お帰り』というのが幸せです」と幸せを振りまいていた。

 4月2日にフリーアナウンサー夏目三久との結婚を発表した有吉弘行に対しては「すごいおめでたいなと。時期も近いですし、勝手に運命を感じています。運命を感じちゃダメですよね」と一人ボケツッコミで祝福。“先輩”としてアドバイスを求められ「恐れ多いですけど、今すごい幸せなので、その気持ちを忘れずお互い頑張りたいです」とエールを送った。

(写真・文:石河コウヘイ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ