search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 河北麻友子、英語吹替え初挑戦で感慨「英語をお仕事にも生かしたい」

河北麻友子、英語吹替え初挑戦で感慨「英語をお仕事にも生かしたい」

 モデルで女優の河北麻友子が29日、都内で行われた映画「GANTZ:O」のプレミア英語吹替版舞台あいさつに出席。本作で英語声優に初挑戦したが、「いろいろ指導してもらいながら頑張りました。せっかく英語ができるので今後は英語力を生かして海外に日本の魅力を伝えたい。オリンピックの時は英語をお仕事にも生かしたい」と笑顔を見せた。

 ニューヨーク州の出身で、日本語以上に英語が堪能なことで知られる河北。この日も随所で英語でのあいさつを行い、語学力の高さを披露。本作の英語吹替えについても「一回だけ声優はやらせてもらったことがあったんですけど、本格的なのは今回が初めて。でも、普段から結構感情的になったりする時は英語の方が感情が入れやすかったりするので、やりやすかった」とにっこり。同席した川村泰監督からも「すごくよかったです」と声をかけられた。

 壇上には声優の梶裕貴と共にモデルの英里子も出席。英里子もまた本作で声優に初挑戦したが、「ものすごく緊張しました。至らない部分がたくさんあったと思うのですが、戦闘シーンで大声を出すなんてことはそもそも実生活ではないこと。自分の新しい一面を出せたんじゃないかなって思います」と充実の表情。

 「この作品をきっかけに世界に日本のアニメの素晴らしさが伝わればいいなと思います」と続けると、河北もこれに同意。「海外に日本の魅力を伝えたい」と話し、「GANTZのスーツを着てみたい。GANTZのピストルにも憧れます」と本作のコスプレにも興味を示していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ