search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(2月21日)フェブラリーS(GI)他1鞍

ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(2月21日)フェブラリーS(GI)他1鞍

【今週の予定】

☆東京5R 3歳1勝クラス(芝1600m)
 セラフィナイトの巻き返しに期待する。前走は内が残りやすい馬場状態の中、出遅れて後方からの競馬となり、直線ではメンバー中2位の上がりを使って外から脚を伸ばしたものの、勝ち馬から0秒7差の5着。道中の位置、通ったコースを考えると、着差ほど力差はない。今回はメンバー的にも楽になり、開催が進んで外差しが決まってきそうな今の東京競馬場であれば、勝ち負けは必至だろう。

◎セラフィナイト
〇スパークル
▲ヴィクトゥーラ
△₁アビッグチア
△₂ブライトギフト

買い目
【馬単】6点
◎⇔〇▲△₁
【3連複2頭軸流し】3点
◎〇-▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】15点
◎→〇▲△₁→〇▲△₁△₂
〇▲→◎→〇▲△₁△₂

☆東京11R フェブラリーS(GI)(ダート1600m)
 昨年9着に敗れた雪辱を果たすアルクトス。これまでは体質が強くなく、前哨戦を使えずぶっつけ本番が多かったが、ここにきて体質が強化され前哨戦を使えるようになり、本番での仕上がりが違ってきた。昨年10月には、モズアスコットやゴールドドリームなど実績馬を破ってマイルCS南部杯(JpnI)を制し、GⅠ(JpnI)馬の仲間入りと力を付けているのは明らか。前走の根岸S(GIII)では前哨戦らしく、仕上がり途上であった上、59kgの斤量を背負い、直線では進路がなく仕掛けが遅れるなど厳しい状況の中、勝ち馬から0秒2差の4着と本番が楽しみになる内容。一度使われて陣営の思想通り良化しており、昨年の雪辱を果たす可能性は十分。相手本線はワンダーリーデル。前走は+8kgの馬体重で、数字が示す通り明らかに仕上がり途上の状態だったためか、ゴール前で脚が鈍ってしまったものの、最速の上がりを使って追い込みアタマ差の2着。今回はひと叩きされてしっかりと本番仕様の仕上がりになっており、昨年4着以上の結果が出ても驚かない。まとめて負かすなら、ムラはあるものの底を見せていないカフェファラオ。以下、オーヴェルニュ、サンライズノヴァ、ソリストサンダーまで。

◎(6)アルクトス
〇(7)ワンダーリーデル
▲(3)カフェファラオ
△(14)オーヴェルニュ
△(9)サンライズノヴァ
△(13)ソリストサンダー

買い目
【馬単】6点
(6)⇔(3)(7)(14)
【3連複1頭軸流し】10点
(6)-(3)(7)(9)(13)(14)
【3連単フォーメーション】20点
(6)→(3)(7)(14)→(3)(7)(9)(13)(14)
(7)(9)→(6)→(3)(7)(9)(13)(14)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~」も担当している。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ