search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの中央競馬新馬セレクション【2/21東京・2/20阪神】

ハッシーの中央競馬新馬セレクション【2/21東京・2/20阪神】

【今週デビューの注目馬】

☆ドゥカーレ
 2021年2月21日(日)東京第3Rダート1600m戦に出走予定のドゥカーレ。馬名の由来は「ヴェネツィア共和国の建造物。父名および母名より連想」。牡、栗毛、2018年4月15日生。美浦・菊沢隆徳厩舎。父キングカメハメハ、母レイヌドネージュ、母父フジキセキ。生産は安平町・追分ファーム、馬主は吉田晴哉氏。母は芝で4勝を挙げた活躍馬。本馬はトモにボリュームがあり逞しい頸差しをしているが、頸の長さが印象的でまだ幼さが残る体つき。それでも追い切りを重ねるごとに良化しており、力強さも出てきた。完成は古馬になってからだろうが、マイルから2000mあたりの距離で活躍してくれるだろう。なお、鞍上は横山典弘騎手を予定している。

☆レッドカムイ
 2021年2月20日(土)阪神第5R芝2400m戦に出走予定のレッドカムイ。馬名の由来は「冠名+神、神威(アイヌ語)。父の香港表記名より連想」。牡、鹿毛、2018年2月9日生。栗東・松永幹夫厩舎。父エピファネイア、母セレブレイションキャット、母父Storm Cat。生産は千歳市・社台ファーム、馬主は東京ホースレーシング。愛馬会法人・東京サラブレッドクラブの募集馬で総額2400万円。半兄には芝で2勝を挙げたレッドエクシード(父ディープインパクト)がいる。本馬は胴長で繋ぎも長く、如何にも長い距離が合いそうだ。動きには柔らかさと力強さがあり、長く良い脚を武器に活躍するだろう。現状はまだ緩さがあるが、ロベルト系らしく使われながら力をつけていくタイプだろう。なお、鞍上は田辺裕信騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~」も担当している。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ