search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 新ドラマ『天国と地獄』、主人公の自分勝手さにイライラ? ラストのトンデモ展開で「吹っ飛んだ」の声も

新ドラマ『天国と地獄』、主人公の自分勝手さにイライラ? ラストのトンデモ展開で「吹っ飛んだ」の声も

pic pic

綾瀬はるか

 日曜劇場『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)の初回第1話が17日に放送され、平均視聴率が16.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが各社で報じられている。

 本作の主人公は、努力家で正義感が強く、上昇志向も強いが慌てん坊な刑事・望月彩子(綾瀬はるか)。思い込んだら一直線で失敗も多いため、周囲の刑事たちからは煙たがられている。第1話では、ある猟奇的殺人事件が発生。事件の重要参考人として浮き上がってきたのは、数日前に電車内でノーマスクの彩子にマスクをくれた男・日高陽斗(高橋一生)で――というストーリーが描かれた。

 第1話では、彩子が正義感の強さからたびたび暴走する場面が描かれ、視聴者からの苦言を集めてた。

 「実は彩子、以前も暴走して失敗したことから謹慎中で、周囲からは煙たがられる存在。今回の事件には挽回のチャンスということで息巻いていたものの、自身の手柄をよりアピールするため、ペアの八巻(溝端淳平)がきっかけとなって掴んだ日高に関する証言を勝手に報告しないよう指示。しかし、自身は別の証拠を探すためとは言え、捜査会議に遅刻し、結果八巻が捜査会議で勝手に報告してしまったことに激怒する場面もありました。その上、日高に捜索差押許可状が出たことを本人に伝え、証拠になるかもしれない手袋を捨てられてしまう失態を犯す始末。犯人逮捕のためなら手段を選ばない上司の河原(北村一輝)からは、『お前にあるのは正義なんかじゃない。自分を認めさせたい、上に立ちたい、手柄を立てたいそれだけだろ』と叱責されていました」(芸能ライター)

 ​>>TBS・日曜劇場、今後は大手芸能プロの“独占市場”に? 主演ドラマが続く理由は<<​​​

 この彩子のスタンドプレーの数々に視聴者からも、「イライラする。負けず嫌いにもほどがある」「彩子のパワハラさがひどすぎる」「河原が怒ってくれてスッキリした」という声が集まっていた。
「一方、ラストでは彩子と日高が入れ替わるという展開に。戸惑う彩子を高橋一生が演じ、捜査から逃れられ喜ぶサイコパスな日高を綾瀬はるかが演じていましたが、まったく違和感のないその入れ替わりぶりに、視聴者からは『彩子にイライラしてたの吹っ飛んだ』『綾瀬はるかがむかつく刑事からサイコパス男に変わる演技がすごすぎる』といった声が集まることに。上手すぎるその演技力で悪評を一気に驚きに変えたようです」(同)

 1話目から驚異的な高視聴率を記録した本作。今度はどのような展開になるのだろうか――。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ