search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 2020年を代表する大炎上作『100日後に死ぬワニ』、映画化の話はどこに?

2020年を代表する大炎上作『100日後に死ぬワニ』、映画化の話はどこに?

pic pic

画像はイメージです

 2020年上半期、ネット上でもっとも流行した4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』。Twitter Japanが発表した「今年もっともいいねがあったツイート」では本作の最終話が1位に選ばれるなど、大きな反響を集めていたが、1年経たずしてすでに影響力がなくなるという異例の事態が起こっている。

 19年12月12日に作者のきくちゆうき氏のツイッター上で連載が始まってから徐々にファンが増え、一時は1投稿で30万を超える「いいね」を獲得。3月20日の連載終了時にはツイッターのトレンドで世界1位を獲得。日本中が主人公のワニの最期を見守っていた。

 「しかし、連載終了直後、『100ワニ』は今まで見守ってきたファンたちの手によって炎上させられることに。理由は最終回直後に書籍化、映画化、グッズ化、ポップアップストアのオープンなどが発表されたこと。ネット上では、裏で大手広告代理店が絡んでいると指摘され、即座にグッズが販売されたことから、『連載直後にはグッズを作る動きがあったのでは?』といった真偽不明の噂も飛び交う事態に。ネットユーザーたちが自分たちで見守り、作ってきたブームと思いきや、実は裏で代理店が作っていたブームだということが分かって興ざめしたネットユーザーが続出する事態になったようです」(芸能ライター)

 ​>>「100ワニ」の炎上、何が世間を怒らせた? 読者の脳内で進行していた“ストーリー”とは<<​​​

 その後、発売された絵本の帯に書かれていた「SNS総フォロワー数250万人」という文章が「Twitterで総合1000万いいね超えの話題作!」に下方修正されるなどが時折ネット上で話題になるような状態に。発表された映画化は全く続報が聞こえてこない。

 「今年はコロナ禍の影響で映画の公開が延期、または製作が遅れるなどしており、『100ワニ』もその影響を受けたことは十分考えられます。しかし、公式アカウントも時折新グッズなどをアナウンスする程度で、映画の進捗には全く触れず。コラボカフェもほぼ盛り上がらず終わったこともあり、興行収入がはっきり出やすい映画化は今さら難しいのかもしれません」(同)

 コラボカフェも来客数の少なさで話題になっていた『100ワニ』。2021年はなにか動きはあるのだろうか。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ