search
とじる
トップ > レジャー > 空気は読めても読まない方が女性から気に入られる理由

空気は読めても読まない方が女性から気に入られる理由

pic pic

画像はイメージです

 空気を読めない人のことをKWなんて言って、避ける傾向がありますよね。人に気を遣える人は、基本的に空気を読むのが上手く、恋愛でも相手の察していることが先回りしてできたりします。

 ただ、空気を読みすぎるせいで、モテない男性もいるのをご存じでしょうか。日本人の美意識として、空気が読める人が素晴らしいと思われがちですが、時には進んでKWになった方が女性から気に入られることもあるのです。

 それはなぜなのか、理由をご説明します。

 1つ目の理由は、空気が読めすぎると「いい人」止まりになってしまうから。

 人が何を望んでいるのかがわかり、進んでそれをしてくれる男性は、女性にとって確かに「自分のことをわかってくれている安心感」を持っています。

 ですが、そんな風にいつも自分の望むことをしてくれるだけの男性には刺激がありません。

 結果として、「あの人っていい人だなぁ」という印象を与えてしまい、その先の関係に進めなくなってしまうのです。

 ​>>女性の「2日洗ってない髪」に男が惹かれる理由<<​​​

 2つ目の理由は、自分がないように見えるからです。

 空気を読んだ行動って、裏を返せば自分の主体性がなく、周りの人に配慮し続けている状態。女性によっては、それは臆病な人、八方美人な人に見えてしまいます。

 会社などで上司の機嫌を取るような行動をすれば、マイナスの印象も与えかねません。

 女性は自分の芯をしっかり持ち、自己主張すべき時にはできる男性に男らしさを感じるもの。人に好かれることしか言わないのは、“なよなよ”していて男らしさがないのです。

 多くの女性が、恋愛では男性にリードして欲しいと望んでいます。ですから、いつも自分がして欲しいことだけをする男性ではなく、時には強引な素振りを見せるくらいの男性の方が魅力的だと感じます。

 もちろん、いつも唯我独尊では困りますが、強く引っ張ったり押したりすることが、女性の心を動かすこともあると覚えておいてくださいね。

 文/恋愛ライター・大山奏

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ