search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ダイアン、東京進出も居住地を大阪に戻す苦境? 千鳥、かまいたちのように全国で受け入れられるか

ダイアン、東京進出も居住地を大阪に戻す苦境? 千鳥、かまいたちのように全国で受け入れられるか

pic pic

ダイアン・ユースケ、津田篤宏

 関西芸人にとって東京進出は一つの賭けと言われる。芸歴が実質的にリセットされるのに加え、関東と関西の笑いに対する文化の違いから、うまくハマらない場合もある。近年、東京進出に失敗した芸人の代表格と言えば、ダイアンだろう。

 彼らは2018年4月より、東京進出を果たすものの、良い結果を残したとは言い難い。11月に放送された『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』(フジテレビ系)では、津田篤宏が東京のマンションを引き払い、ホテル暮らしをしている現状が語られた。津田は大阪に妻子を残しての単身赴任中だった。東京での仕事が安定すれば、家族を呼び寄せるつもりだったのかもしれないが、マンションを引き払ったのは、かなり厳しい現状なのだろう。さらに、番組では津田の飲み会の様子も映され、所属が東京吉本のため、「ホテル代を出してもらえない」といったリアル過ぎる愚痴も吐いていた。

 >>ダイアン津田、吉本への不満大爆発「ホンマ大っ嫌い!」エージェント契約との格差を暴露?<<

 ダイアンは、なぜ東京で伸び悩んだのか。まず、津田と相方のユースケともに、“愛されキャラ”という印象がなかった。ダイアンがめざす目標の一つであった、先輩芸人の千鳥は出身地の岡山弁を前面に押し出したが、それは素朴なキャラクターとして受け入れられた。ただ、千鳥も上京当初は素朴な印象ではなく、ノブを中心に“イジられる”ことで愛されるキャラクターのイメージが定着していった。

 もう一組、ダイアンがめざしていたコンビとして、かまいたちがいた。かまいたちも当初は、濱家隆一がトガッた怖い印象を持たれていたが、バラエティ番組でイジられて行くことで、徐々にお茶の間に定着していった。

 ダイアンは、低い声でボソボソと繰り出されるユースケの独特のボケは、ハイテンションの津田のツッコミがいてこそ成り立っていた。芸歴は現在20年、若手からはなかなかイジりにくい存在というのも、東京に馴染めなかった原因の1つだろう。しかし、千鳥もかまいたちも上京当初は同じ壁にぶつかっている。『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)など津田のイジられは確立しつつあり、これからどれだけプライドを捨てて愛されるか、これからが正念場ではないだろうか。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ